FC2ブログ

World Scene Blog

日本や海外など様々な地域を旅した際の旅行記を掲載しています。
このブログはWorld Sceneというホームページのコンテンツの一つです。
ぜひ、ホームページにも訪れてみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

成都市内観光、そして体調不良へ・・・

 中国といえば何を思い浮かべるだろう?
そう、パンダである。
テレビで中国を特集するときにも必ず出てくる。
さらに、四川省はその中国の中でもパンダのメッカなのである。
ということで、パンダを見に行くことにする。
ガイドブックを見ると、パンダは朝早くしか行動しないらしく、動いているところを見たいなら開園直後に行けとのこと。
早朝に行ってみると予想以上に広大な敷地であり驚いた。
かなり広くどこにパンダがいるか迷ってしまうくらいである。
ここでは、赤ちゃんパンダを抱いて写真が撮れるらしいが50元もかかるし今後の資金の問題もあるのでやめておく。
レッサーパンダを見た後にジャイアントパンダのいる場所に到着。
朝早いため、笹を豪快に食いまくり、かなり活発に動いている。
パンダ=かわいいというのが一般的なイメージであるが、白と黒の熊にしか見えない・・・。
ただ、子どもパンダは飼育係に甘えっぱなしであり、行動もかわいらしさを持っており人気の秘訣がわかった。
子供パンダは飼育係のずっと後をついて歩いたり、ひっくり返ったり、木から落ちたり、動きがコミカルで面白かった。

                      Image79.jpg                  Image80.jpg

                   Imasdfe85.jpg           Image81.jpg


 一通り見学を終え、満足し、武候祠へと移動する。
かなり広く早足でまわっても2時間近くかかってしまった。
内容だが、公園に資料館のようなものが多くあるような感じ。
正直、興味を全く持てなかった。
 
                     Image92.jpg        Image85.jpg


 次に杜甫草堂へ移動する。
ここも武候祠とほぼ同じ。
広めの敷地に、ちょっとした資料館があるくらい。
三国志が大好きであればおもしろいのかもしれないが、そうでなければ苦痛でしかない。
現地の人は中で麻雀をやったりしており情緒があるのか景観をくずしているのか不思議だった。中国っぽいといえばそうなのだろうけれども。
また、入場料が必要な割には整備がひどすぎてがっかりしてしまった。


 この辺りから体調に異変を感じ始める。
峨眉山での疲労と水の飲みすぎ、中国料理の安っぽい油、切り売りしていたスイカを食したこと、考えてみると思い当たる節はたくさんある。
早めに宿に戻り休むことにする。
だが、ひどくなる一方であり腹痛が治まらない。


 気がつくといつの間にか2時間ほど眠っていたようだ。
体調は回復していないが、いつまでも寝ていても気持ちが下がるだけなので少し何かを食べることにする。
昨夜誕生日だった人がちょうど夕飯を食べており一緒に食べることにする。
しばらくすると今日チェックインしたという人もやってきて少し話すことに。
ここの宿に泊まっている人は相当変な人だらけなようだ。
 一人は、以前チベットに行ったときに高山病対策として二酸化マンガンとオキシドールを持参して空港で怪しまれてつかまったらしい。
 もう一人は、中国で間違えて奴隷列車のようなものに乗ってしまったとか。中国では切符の種類が複雑らしく、選択を誤るとたまにそのようなことになるらしい。その列車はトイレは逆噴射して溢れているし、例のごとく中国人の痰と唾で床中べとべと。でも、椅子はなく、さらに満員電車で10時間以上立ちっぱなしであり、精神的に発狂しそうになったらしい。相当中国人を恨んでいるようだった。列車の中の厳しい環境に耐えるために、1時間おきに猪木ボンバイエを聞いて勇気をもらっていたとか。
 その他にも、会社を辞めて西安の大学に留学しているといった変わった女の人もいた。
とにかく、キャラの濃いメンバーが多い宿でとても楽しめた。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2007/04/25(水) 22:35:56|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中国人の憧れの仙境、九寨溝&黄龍へ | ホーム | 旅人の雰囲気を満喫>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://worldscene.blog9.fc2.com/tb.php/4-6a888171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Blogの足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。