FC2ブログ

World Scene Blog

日本や海外など様々な地域を旅した際の旅行記を掲載しています。
このブログはWorld Sceneというホームページのコンテンツの一つです。
ぜひ、ホームページにも訪れてみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シェムリアップ散策とトンレサップ湖

 自転車を借りて、アンコール遺跡以外のシェムリアップの名所を巡ることにする。

 まずは、キリング・フィールドに向かう。
ここシェムリアップでもプノンペンほどの数ではないもののポル・ポト時代にクメール・ルージュによる大虐殺が行われていたらしく、その場所がキリング・フィールドと呼ばれている。
カンボジアに来たので、ぜひとも訪れてみたい場所だった。
本当はプノンペンに行くと、さらに展示なども充実しており、より深く理解できるとのことだが今回は時間の関係で断念。
人骨が塔に納められており、悲惨さを感じることが出来た。
ここの敷地内には、小学校が作られており、子どもたちが学んでいる。
見学していると、教師の人に突然話しかけられた。
「明日来てぜひ子どもたちに教鞭をとって欲しい」
とのことであり、良い経験かなと思ったのだが、残念ながら明日にはタイに戻る予定であり、またつたない英語で教鞭を取れる自信もない。
丁重にお断りした。

200701723.jpg


 次に、地雷博物館に行ってみることにした。
ここは、アンコール遺跡のゲートを通らなければいけないのだが、遺跡には行かないと伝えれば通してくれる。
地雷博物館は、現在地雷撤去をボランティアで行っているアキー・ラーさんが地雷の悲惨さなどを伝えるために開いているもので、日本でもかなりメディアなどにも取り上げられている場所である。
地雷に関する展示が多くされている他、Tシャツなどの土産物も販売されている。
土産で得た利益は、地雷によって両親を失ったり、体の一部を失ってしまった子どもの養育費に当てられているとのことであり、せっかくなので寄付のつもりで購入してみてもいいかもしれない。

200701793.jpg 200701796.jpg


 一度町中に戻り、戦争博物館へ向かう。
戦争博物館は、戦車や火炎放射器など様々な平気が無造作に陳列されている博物館である。
受付の子がとても親切だったのが印象に残った。

200701790.jpg 200701782.jpg


 オールド・マーケットにも行ってみることにする。
食料品から衣料品、土産物など何でも売っている市場で市民の生活を垣間見ることが出来た。
この帰り道、前のおばちゃんについて自転車をこいでいるとなぜか警官に止められる。
どうやら一方通行無視らしい。
カンボジアでは、自転車も一方通行があるようだ。
そんなの知らん…。
US5$の罰金を払わせられた。
が、これは本当だったのか未だに疑問。
ただのインチキ警官だったりして。

200701776.jpg 200701780.jpg


 ゲストハウスに戻り、ジャスミン・ゲストハウス主催のトンレサップ湖サンセット・ツアーに参加することにする。
バイタクをチャーターしていくこともできるのだが、途中の検問所で高い料金を払う必要があるらしく、ツアー参加が無難らしい。
トンレサップ湖は、雨季と乾季で面積が大きく変化するらしいのだが、現在は雨季であり、まるで海のような広大な面積を誇っている。
ボートに乗って移動しながら、多くの水上家屋を見ることができた。
また、子どもが洗面器に乗って、湖上を移動しているなど微笑ましい風景を見ることができた。

200701806.jpg 200701804.jpg

200701800.jpg 200701802.jpg

200701805.jpg 200701798.jpg


 ゲストハウスに戻ると、キムさんが
「カンボジア最終日にもう一度カンボジア鍋を食べに行こう」
と誘ってきた。
とてもおいしかった鍋なので、ぜひとももう一度食べたく行くことにする。
キムさんとは、見学中に料金の折り合いがつかず少しギクシャクしてしまったが、決して悪い人ではなかった気がする。
アンコール・ビールを飲んで、バイヨン・ビールも飲んで、鍋を食ってとカンボジア最終日を満喫することが出来た。

200701779.jpg
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/30(日) 15:30:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<またもトラブル~バンコクへの道 | ホーム | アンコール・ワット遺跡群~ロリュオス遺跡群、外回りコース、シェムリアップ郊外の村編>>

コメント

旅先の酒は格別ですよね。

ちなみにアンコール・ビールはどんな味なんでしょうか?
  1. 2008/03/30(日) 18:07:22 |
  2. URL |
  3. オサ #-
  4. [ 編集]

Re:オサさん

旅先の、それも特に暑い地域のビールは最高です。
でも、中東は暑いのに禁酒なのが残念ですが…。

アンコール・ビールはくせのない飲みやすいビールでした。
でも何より、ラベルがアンコール・ワット風のデザインであり、そちらが印象的でした。
  1. 2008/03/30(日) 23:02:02 |
  2. URL |
  3. So #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://worldscene.blog9.fc2.com/tb.php/34-a9111bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Blogの足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。