FC2ブログ

World Scene Blog

日本や海外など様々な地域を旅した際の旅行記を掲載しています。
このブログはWorld Sceneというホームページのコンテンツの一つです。
ぜひ、ホームページにも訪れてみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バンコク ワット・プラケオ、王宮見学

 スコータイからバンコクへのバスを待っていると、日本人2人組に話しかけられる。
どうやら2人もバンコクへ向かうらしい。
カオサンに泊まるとのことで、バンコクのバスターミナルに着いたらそこから一緒にタクシーを割り勘にしようかという話になる。
バンコクのバスターミナルには、24時頃に到着。
タクシーを探すより前に、カオサンに行くバスを発見。
バンコクのバスは24時間運行とのことで、この点では東京よりすごい。
日本も本数は減らしても、24時間運行にすれば便利なのに。
ということで、バスに乗って移動。
カオサンには24時半頃到着した。
ちょうどバスで乗り合わせた2人組が、3人部屋があるホテルを知っているということで行くことにする。
既に、受付は閉まっていたが、警備員のおじさんに入れてもらう。
チェックインした後、屋台へ行き飯を食べる。
既に25時を過ぎているのに、屋台がたくさん出ているところもバンコクの凄さ。
1人でこんな時間だと凹みそうだけれど、運良く日本人に出会えてラッキーだった。

 翌朝、2人はパタヤへ移動するということで、別れる。
気さくでとてもいい2人だった。
旅行に行くと、関西人に出会う確率が高い気がする。
そして、総じて気さくである。
性格の違いだろうか。

 今日はバンコクの目玉、ワット・プラケオ、ワット・ポー、ワット・アルンを見学することにする。
カオサンから歩いていける距離であり、バンコク最大の見所だろう。
王宮があるエリアに行ってみると、ものすごい混みである。
日本人ツアー客を中心とした団体が大挙して訪れている。

 まずは、ワット・ポーに行ってみることにした。
巨大寝仏があり、タイ最初の大学として知られるこの寺院。
マッサージも受けることができるらしい。
寝仏だけかと思いきや、意外に敷地は広かった。
寝仏も予想を超えた大きさであり、金色で輝いている。

200702456.jpg 200702455.jpg


 次にワット・アルンへ向かう。
ここは三島由紀夫の小説「暁の寺」の題材になったことで有名らしい。
ワット・プラケオの裏側からボートに乗っていくことができる。
チャオプラヤー川から眺めるこの寺院は本当に美しい。
決して規模は大きくないけれど、とても満足できた。
すごく画になる寺院である。
暑さで、疲れてきたのでゆっくりと見学。
往復のボートも水しぶきが心地よかった。

200702390.jpg 200702389.jpg


 最後にワット・プラケオ、王宮へ向かう。
相変わらずの大混雑であるが、それにふさわしい美しい寺院である。
ここは本堂に納められている仏像がエメラルド色をしているため、エメラルド寺院とも呼ばれているらしい。
実際に見学してみると、本堂よりも金色の仏塔や、多くの壁画に目を奪われた。
タイにしては、入場料がとても高く、あまり期待はしていなかったのだけれど期待以上。
プラ・シー・ラタナー・チェディ、プラ・モンドップ、プラサート・プラ・テーピドーンの3種の塔が並ぶ様子は壮観であった。
ワット・プラケオを見学後、引き続き多くの王宮を見学できる。
チャクリー・マハ・プラサート宮殿が王宮エリアの最大の見所だろうか。
美しい外観であった。

200702403.jpg 200702411.jpg

200702409.jpg200702419.jpg

200702397.jpg 200702399.jpg


 満足できる1日だったが、暑い中歩き回り相当に疲れた。
明日は、カンボジアに向かおうかなと考える。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/23(日) 23:16:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トラブルの連続~シェムリアップへの道 | ホーム | 自転車で巡るスコータイ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://worldscene.blog9.fc2.com/tb.php/29-6b6b659d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Blogの足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。