FC2ブログ

World Scene Blog

日本や海外など様々な地域を旅した際の旅行記を掲載しています。
このブログはWorld Sceneというホームページのコンテンツの一つです。
ぜひ、ホームページにも訪れてみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カトマンズの光と影

 カトマンズ初日、まずはダルバール広場へ向かうこととする。
カトマンズは驚くほど物価が安く、お湯シャワー付き(共同)シングルで1泊150円ほどだ。
当然土産物も安い。
ダルバール広場には多くの露天もあり、冷やかしながら歩いて周る。
ダルバール広場は、何か一つが飛び抜けてすごいということはないが、全体的にいい雰囲気を持ったエリアだった。
15時~16時頃にヒンドゥー教徒やチベット仏教徒らから「生き神」として崇められる少女クマリが、団体客の要望にこたえて窓から顔を見せるということで、どさくさにまぎれてクマリの館に見に行ってみた。
できれば写真を撮りたかったが、硬く規制されており無理だった。
窓から顔を出したクマリはただの子供。
まあ、とりあえず見れたので満足して、宿のあるタメル地区へ。
この地区は、旅行者が集まる地域で、安宿から中級宿、旅行会社、食堂などが数多く集まっている。
ネパールは、おいしい日本料理が食べられることでも有名であり、有名な「桃太郎」や「味のシルクロード」などに行ってみたがどこも日本とそん色ないくらいうまかった。
韓国料理屋などにも行ってみたが、これまた外国で食べるものとは思えないほど良い味だった。
物価も安く、飯もうまい。
カトマンズは疲れを癒すには絶好の場所のようだ。

200703242.jpg 200703244.jpg

200703240.jpg200703272.jpg


 さて、カトマンズを歩いていると多くのネパール人が「ガンジャ」、「ハシシ」、「チョコ」、「マリファナ」などと話しかけてくる。
どうやらここはそれらが安く入る名所なのだそうだ。
町を歩いていても、土産物屋に入っても、買うように薦めてくる。
値段は、グラムなどはよくわからないがそれなりの量で5~8ドルくらいのようだった。
日本だといくらくらいなのだろう?
ネパールではかなりいろいろな場所に野生のマリファナが生えているということも教えてもらった。

 カトマンズにおけるメインの見所は、スワヤンブナート、ボダナート、パシュパティナートだろう。
スワヤンブナートはカトマンズを一望できる見晴らし場所になっている。
ここはモンキーテンプルとも言われているらしく、数多くの猿がいる。
せっかくなので頂上まで上ってみることにする。
意外に厳しく、疲れたが見晴らしには満足することができた。
しかし、ここで貧しい国ならではという経験をすることとなる。
スワヤンブナートの頂上に行った時からずっと小さい子供に付きまとわれていた。
はじめは相手をするのが面倒で、適当に答えていただけだったが、それにしてもしつこい。
結局1時間以上付きまとわれてしまった。
しかし、途中で勝手に道案内をしてくれたりと、まあ全然必要なかったのだけれど、それなりに時間もつぶすことはできた。
ただガイド料を請求されるのは嫌なので、あらかじめ
「ガイドは要らない」
と強く言っておいた。
結局、周辺すべてを観光するまで着いてきた。
ちょうど喉が渇いたのでコーラでも飲もうとすると、
「ガイド料をくれ」
と言い出す。
あらかじめガイドは要らないといっておいたのだから、はっきりと拒絶するも、ずっと着いてきていたし、時間つぶしにはなったのでコーラくらいおごってあげるかと思い薦めてみるも、
「それは要らない」
とのこと。
「それよりも欲しいものがある」
ということで、何か聞いてみると、なんと赤ん坊用の粉ミルクである。
「赤ん坊が要るが、食べるものがない」
からとのことであった。
当然コーラよりはずっと値段も高いし、買ってあげる理由もないので、
「コーラ以外は駄目だ」
と伝えると、散々文句を言った挙句、帰っていった。
粉ミルクなんて買ってあげる義理はまったくないし、買ってあげる必要はなかったと今でも思ってるけれど、なんだかとても後味が悪く、気持ちが沈んでしまった。
おそらくあの子供も嘘なんてついていないだろうし(粉ミルクなんて欲しがったわけだから)、あんなに小さい子(小学校1~2年くらいだろうか)が赤ん坊用の粉ミルクを買ってくれと旅行者に頼まなければならないこの国の貧しさを目の当たりにしてしまった。
一方、タメルに行けば、旅行者が毎晩酒盛りをしているのにである。

200703229.jpg 200703233.jpg


 この後、チベット仏教の聖地の一つボダナートやシヴァ神を祭るネパール最大のヒンドゥー教寺院パシュパティナートなども見学したが、いまいち気分が盛り上がらず、ネパールにいてもあまり楽しいと感じなくなってしまった。
早くこの国から抜けようかななんて考えてしまう。

200703263.jpg 200703252.jpg
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/18(火) 00:09:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パタンとNGOと | ホーム | 国境の町コダリ~カトマンズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://worldscene.blog9.fc2.com/tb.php/22-b8f9baf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Blogの足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。