FC2ブログ

World Scene Blog

日本や海外など様々な地域を旅した際の旅行記を掲載しています。
このブログはWorld Sceneというホームページのコンテンツの一つです。
ぜひ、ホームページにも訪れてみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネパールへの道~ダム国境越え

チベット最終日、早朝からネパールと中国の国境へ向かう。
この日の移動距離はさほど長くはないのだが、なぜ早朝発なのかというと、どうやらランクルのドライバーが昼には国境に着いて、客待ちをしたいかららしい。

 途中、きれいな風景を見ながら、最後のチベットを目に焼き付けて移動する。
途中、標高8013mのシシャパンマを眺めながら、一気に下っていく。

200703025.jpg 200703022.jpg


 ニャラムという村を経由した。
ここでチベットの有名な詩人ミラレパが修行していたというミラレパ寺院を見学。
この辺りに来ると、標高もかなり下がってきているため、景色の中に緑色が増えてくる。
ネパールに近づいているのだと実感することができた。
ニャラム自体は、日本の田舎の温泉街といった様子。

200703052.jpg 200703053.jpg


 さらにランクルで進む。
ニャラムは標高3750mなのだが、その後わずか30kmの道のりで一気に標高2350mまで下り、国境の町ダムまでやってきた。
途中からは、緑あふれる景色に変わり、天然の滝がいたるところに現れはじめた。
ランクルが走っている道路上にも、滝や川があり、ちょっとしたアドベンチャー気分であった。
ダムの町が見え始めたところで、ランクルを降りる。
ランクルに乗ったまま、ダムのチェックポイントを通過すると、一人当たり500元獲られると聞いたためである。
チェックポイントのおよそ2km手前から歩く。
重い荷物を背負い、川などを越えながらいくのでかなり体力的に厳しいかと思ったのだが、高地から来たためか息が全然切れない。
体が、高地トレーニングをした後のようになっていたのかもしれない。
チェックポイントでは、
「ニャラムから歩いてきた」
と言い張り、相当疑われるもどうにか通過。

200702986.jpg    200702978.jpg

200702977.jpg


 国境の審査へと進む。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/17(月) 00:10:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<国境の町コダリ~カトマンズ | ホーム | ネパールへの道~チョモランマ・ベースキャンプ~ティンリー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://worldscene.blog9.fc2.com/tb.php/20-71b3aae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Blogの足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。