FC2ブログ

World Scene Blog

日本や海外など様々な地域を旅した際の旅行記を掲載しています。
このブログはWorld Sceneというホームページのコンテンツの一つです。
ぜひ、ホームページにも訪れてみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネパールへの道~ギャンツェ~シガツェ

 朝起きてから、ギャンツェへ向かう。
本来ならば、今日のうちにサキャまで移動してしまいたかったのだが、昨日から日程が押しているため断念。
ギャンツェ見学をしてから、シガツェへ戻ることにする。

 朝8時頃宿を出てギャンツェへ向かおうとするも、他の車が邪魔で車が出せないと、ドライバーが不思議なことを言い出し、出発が30分ほど遅れる。

 ギャンツェへは1時間半ほどで到着。
現在、町中が大改修中らしく、道の舗装がはがされており、どこも泥々である。
ギャンツェでは、パンコル・チョエデを見学する。
パンコル・チョエデは、他のチベット寺院とは見た目も異なり、かなり美しく楽しめた。
ネパールに向かう中では、この寺院が一番印象深い。
続いて、ギャンツェ・ゾンを見学。
この町は、チベット第三の町らしいのだが、まだ田舎の雰囲気が充分に残されていた。

200702929.jpg 200702931.jpg

200702925.jpg 200702934.jpg


 シガツェへ戻ることとする。
シガツェでは、まずは、タシルンポ寺に向かう。
ここは、チベットの象徴ダライ・ラマの次に権力をもつパンチェン・ラマの寺院である。
しかし、現在この寺院にいるパンチェン・ラマはチベット人が認めた人ではなく、中国侵略時に中国人が任命した人であるらしい。
また、チベット人が認めているパンチェン・ラマは幼くして、中国政府に捕らえられ、行方がわからなくなっているらしい。
このチベット人側のパンチェン・ラマはそのようなこともあってか「史上最年少の政治囚」と言われることもあるようだ。
タシルンポ寺に入って見学してみると、確かに規模はそれなりに大きいが、既にセラ寺、デプン寺と似たような形式の寺院を見てしまっていることもあってかあまり感動できるものはなかった。
ただ、途中で運のいいことがあった。
ちょうど見学中に、パンチェン・ラマ(中国側)がチベット僧達になにか話をしている場面に遭遇できたのである。
通常、外国人は中をのぞくことすらできないように規制されているのだが、近くを通りかかったチベタンのおばちゃんが警備に頼んでくれ、見学することができた。
見学を終えた後、その場を離れてもそのチベタンのおばちゃんはなぜかずっと着いてくる。
ランクル仲間と見学していたのだが、
「ガイド料を請求されるんじゃないか?」
「やっぱり何か下心があるんだよな。なんだろう?」
など、話をしながら、最後には
「どうもありがとう」
ということで、もうついてこなくて大丈夫だよみたいなジェスチャーで別れたのだが、お金などの要求はしてこず、親切心でついてきてくれていただけのようだった。
とても申し訳なく感じたが、いろいろな土地を旅行している中でどうしても信用できない人も多く見てきているのでそのような態度をとってしまうのは仕方ないのかもと感じた。
ともかく、そのおばちゃんどうもありがとう。
タシルンポ寺を見学した後、シガツェ・ゾン跡に行ってみることにする。
ここはポタラ宮のモデルになったと言われるほど巨大な城砦だったらしいが、中国侵略時に破壊され、今は廃墟ともいえないくらいボロボロな瓦礫の山である。
ただ、ここからのシガツェの見晴らしはとても良かった。
近代的な建物、昔からの建物がきれいに二分化されて並んでいたのが印象的だった。

200702968.jpg 200702963.jpg

200702970.jpg 200702971.jpg


 そろそろ日も沈みかけてきたので、夕飯を食べつつ、宿に戻る。
シガツェの宿では、ドミトリーを借り切っているのだが、お湯シャワーも使え、テレビまである。
ちょうどアテネオリンピックの放送をしており、楽しむことができた。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/14(金) 23:16:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ネパールへの道~ラツェ~サキャ~シェーカル | ホーム | ネパールへの道~シガツェ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://worldscene.blog9.fc2.com/tb.php/17-405a73eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Blogの足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。