FC2ブログ

World Scene Blog

日本や海外など様々な地域を旅した際の旅行記を掲載しています。
このブログはWorld Sceneというホームページのコンテンツの一つです。
ぜひ、ホームページにも訪れてみてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウィークエンド・マーケット

 鴨下さんはカンチャナブリーに泊りがけで行くということで、朝別れる。

今日は日曜日であり、バンコク北部のチャトゥチャックにおいてウィークエンド・マーケットが行われる日だ。
ウィークエンド・マーケットは土日だけ開かれる大きなマーケットで何でも手に入るらしい。
そんなことを言われたら、何としても行きたくなってしまう。
帰国までのスケジュールを考え、カンボジアに滞在する日程を短くしてまでバンコクに早く戻ってきたのだ。
期待に胸を膨らませ、マーケットへ。
アクセスは、カオサンからであれば、バスで1本でアクセスでき、とても楽だ。
それ以外にもBTSなど様々な方法で来ることができる。

 ウィークエンド・マーケットに入ってみると、確かに凄まじい人混みである。
衣料品から土産物、ペットにアンティークなど、何から何まで揃っている。
観光客もちらほら見かけることが出来るが、大半は地元の人で、一家総出で買い物に来ているようだ。
色々な店を冷やかして歩くのが面白い。
気がつくと何時間も飽きもせず歩き回っていた。
疲れたので、休憩する。
ここは、食堂にカフェと休憩場所にも事欠かない。
ただ、食堂の横で鶏とかを売っていたりするので、衛生面には疑問符がつくが…。

 ウィークエンド・マーケットは元から値段を安くしているためか、あまり値引きは期待できないが、とても楽しむことが出来た。
お土産を買うのにも適しているのではないか。
暑かったけど、楽しかったー。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/31(月) 00:10:52|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またもトラブル~バンコクへの道

 バンコクまでの戻りも陸路で行くことにするが、行きでピックアップ・トラックは懲りたので、旅行会社主催のバスでカオサンまで行くことにする。
ジャスミン・ゲストハウスのスタッフに見送られ早朝に出発。
しばらく走ると、突然バスが止まる。
どうやら故障してしまったらしい。
15分ほどの応急処置で、直ったとのことでまた出発。
さらにしばらく走り、シソポン近くになって、またもバスが止まってしまう。
どうやら完全に壊れてしまったらしい。
ドライバーが手配をし、急遽代車が来た。
しかし、代車と言ってもバスではなく、ピックアップ・トラック…。
まさかの展開である。
ピックアップが嫌でバスツアーを申し込んだのに、またピックアップに乗る羽目になってしまった。
ただ、今回は、他の人も皆ツーリストということで不安はなく、また昼間で晴れていたので楽しく進むことが出来た。

 ポイペトでピックアップ・トラックを降り、シェムリアップからバンコクへはタイの楽なバスで移動。
バンコクが近づくにつれ、高層ビルなども見えてきた。
コンビニがあると、なぜかホッとしてしまう。

 トラブルがあったもののカオサンには夕方には着き、鴨下さんと部屋をシェアすることにする。
タイは楽なのがうれしい。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/30(日) 21:15:31|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シェムリアップ散策とトンレサップ湖

 自転車を借りて、アンコール遺跡以外のシェムリアップの名所を巡ることにする。

 まずは、キリング・フィールドに向かう。
ここシェムリアップでもプノンペンほどの数ではないもののポル・ポト時代にクメール・ルージュによる大虐殺が行われていたらしく、その場所がキリング・フィールドと呼ばれている。
カンボジアに来たので、ぜひとも訪れてみたい場所だった。
本当はプノンペンに行くと、さらに展示なども充実しており、より深く理解できるとのことだが今回は時間の関係で断念。
人骨が塔に納められており、悲惨さを感じることが出来た。
ここの敷地内には、小学校が作られており、子どもたちが学んでいる。
見学していると、教師の人に突然話しかけられた。
「明日来てぜひ子どもたちに教鞭をとって欲しい」
とのことであり、良い経験かなと思ったのだが、残念ながら明日にはタイに戻る予定であり、またつたない英語で教鞭を取れる自信もない。
丁重にお断りした。

200701723.jpg


 次に、地雷博物館に行ってみることにした。
ここは、アンコール遺跡のゲートを通らなければいけないのだが、遺跡には行かないと伝えれば通してくれる。
地雷博物館は、現在地雷撤去をボランティアで行っているアキー・ラーさんが地雷の悲惨さなどを伝えるために開いているもので、日本でもかなりメディアなどにも取り上げられている場所である。
地雷に関する展示が多くされている他、Tシャツなどの土産物も販売されている。
土産で得た利益は、地雷によって両親を失ったり、体の一部を失ってしまった子どもの養育費に当てられているとのことであり、せっかくなので寄付のつもりで購入してみてもいいかもしれない。

200701793.jpg 200701796.jpg


 一度町中に戻り、戦争博物館へ向かう。
戦争博物館は、戦車や火炎放射器など様々な平気が無造作に陳列されている博物館である。
受付の子がとても親切だったのが印象に残った。

200701790.jpg 200701782.jpg


 オールド・マーケットにも行ってみることにする。
食料品から衣料品、土産物など何でも売っている市場で市民の生活を垣間見ることが出来た。
この帰り道、前のおばちゃんについて自転車をこいでいるとなぜか警官に止められる。
どうやら一方通行無視らしい。
カンボジアでは、自転車も一方通行があるようだ。
そんなの知らん…。
US5$の罰金を払わせられた。
が、これは本当だったのか未だに疑問。
ただのインチキ警官だったりして。

200701776.jpg 200701780.jpg


 ゲストハウスに戻り、ジャスミン・ゲストハウス主催のトンレサップ湖サンセット・ツアーに参加することにする。
バイタクをチャーターしていくこともできるのだが、途中の検問所で高い料金を払う必要があるらしく、ツアー参加が無難らしい。
トンレサップ湖は、雨季と乾季で面積が大きく変化するらしいのだが、現在は雨季であり、まるで海のような広大な面積を誇っている。
ボートに乗って移動しながら、多くの水上家屋を見ることができた。
また、子どもが洗面器に乗って、湖上を移動しているなど微笑ましい風景を見ることができた。

200701806.jpg 200701804.jpg

200701800.jpg 200701802.jpg

200701805.jpg 200701798.jpg


 ゲストハウスに戻ると、キムさんが
「カンボジア最終日にもう一度カンボジア鍋を食べに行こう」
と誘ってきた。
とてもおいしかった鍋なので、ぜひとももう一度食べたく行くことにする。
キムさんとは、見学中に料金の折り合いがつかず少しギクシャクしてしまったが、決して悪い人ではなかった気がする。
アンコール・ビールを飲んで、バイヨン・ビールも飲んで、鍋を食ってとカンボジア最終日を満喫することが出来た。

200701779.jpg

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/30(日) 15:30:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アンコール・ワット遺跡群~ロリュオス遺跡群、外回りコース、シェムリアップ郊外の村編

 アンコール遺跡群観光最終日、今日でチケットの期限が切れるため、勢力的に周ることとする。
ただ、昨日バイタク・ドライバーのキムさんと揉めて、関係がギクシャクしているのが問題。
でも、まあ観光には関係ないので、とりあえずカンボジアに来たからにはなるべく多くの遺跡を見ようと思う。

 まずは、ロリュオス遺跡群に行く。
ここでは、ロレイ、プリア・コー、バコンを見学。
これらは、アンコール遺跡と比べるとレリーフが多少異なるが、遺跡自体の外観は似ている。
観光客の少なさなどは良かったが、さほど印象に残るものはなかった。
強いて言えば、バコンが良かったような。

200701693.jpg 200701695.jpg

200701698.jpg 200701699.jpg


 次に、外回りコースへ向かう。
まずは、プレ・ループへ行く。
ここは遺跡自体がというより、頂上からの眺めのよさが印象に残った。
次いで、東メボン、タ・ソム、ニャック・ポアン、プリア・カンと見学をする。
ニャック・ポアンは他の寺院と外観が異なり楽しむことが出来たが、やはりアンコール・ワット、バイヨン、ベンメリア、タ・プロームのような強烈な印象を与えてくれるほどの遺跡はなかった。

200701664.jpg 200701706.jpg

200701468.jpg 200701529.jpg

200701643.jpg 200701781.jpg


 ニャック・ポアン遺跡で、同じジャスミン・ゲストハウスに泊まっているらしき人に会い、話しかける。
彼は、鴨下さんと言い、休暇を利用してカンボジア、タイを旅行する予定らしい。
やはり、彼もバイタク・ドライバーと料金面でうまくいっていないようであった。
カンボジアでの料金のいざこざは仕方がないのかもしれない。

 外回りコースの見学も終わり、今日の予定は終了だが、最後にアンコール・ワットをもう一度見たいなと考える。
せっかくなので夕日に染まるアンコール・ワットを見たいなと思い、夕方に行くことにする。

 今日は、キムさんとは雰囲気が悪い状況で過ごしており、ほとんど口もきいていない。
そんな中、彼が
「夕方まで時間があるから自分の家に行きたい」
と言い出す。
まあ、カンボジアの田舎を見れるのも良い機会だと思ったので行くことにする。
アンコール遺跡郊外の田園地帯に彼の家はあった。
彼の家に着くと、彼の一家が大歓迎してくれる。
両親からはじまり、兄弟まで歓迎してくれ、その場でカンボジア製麺を作り始めてくれた。
お米を餅をつくように杵でつき、餅のようにまとまったら、底に穴が開いている缶に入れて麺状にするというものだった。
麺はとてもおいしかったが、塩をつけて食べるのでちょっとしょっぱかった。
が、この麺を麺汁につけて食べたらどんなにおいしいだろうかと感じた。
わずか30分足らずで、麺を作れるのかと驚いた。
キムさんの家族はとても良い人たちだった。
ただ、相変わらずキムさんとはギクシャクしており、彼は自分の家に行って昼寝していただけだったけれど…。
ただ、家族はとても良い人だったので、ゲストハウスに戻った後、日本から持ってきていた日本製のキャンディーを大量にあげた。
親戚含め子どもが大量にいたので、とても喜んでくれたようだった。
やっぱり日本製のキャンディーはおいしいんだろうなぁ。

200701774.jpg 200701775.jpg

200701762.jpg 200701760.jpg

200701769.jpg200701764.jpg


 そんなこんなで過ごしているうちに、夕方近くになり、アンコール・ワットを見に行くことにする。
途中、アンコール・ワットに向かっていると突然スコールが降り始める。
凄まじい勢いで、バイタクに乗っていると、体に針を突き刺されているようにものすごい痛い。
あまりの痛さに、我慢できずしばし雨宿り。
しかし、どうしてもアンコール・ワットはもう一度見ておきたかったので、小降りになったところで再出発。
服もすべてぐちゃぐちゃになりながら到着する。
参道を歩き、中に入ってみると、なんとアンコール・ワットの後ろに虹が出ている。
カンボジアに来てから天気に恵まれず、どの遺跡を見に行っても空は厚い雲に覆われており、満足行く写真を撮ることが出来なかったが、最後の最後に最高の瞬間を見ることができた。
聖池では、こどもたちが水遊びをしており、その光景と虹を合わせて写真を撮る。
とても美しい光景であった。
体中ずぶ濡れで、かばん等もびしょ濡れだけれども、気分爽快である。
アンコール・ワットはなんとすごい遺跡なんだろう。

200701420.jpg


 宿に戻り、服を着替えてから、先ほど会った鴨下さんらと夕飯を食べに行くことにする。
ツアー客が良く利用するという川沿いのレストラン・サマピアップに行ってみる。
ここははじめは単品のメニューしか見せてくれないのだが、頼むとツアー客用のセットメニューも見せてくれる。
セットメニューはだいたい1人US5$くらいでボリュームも満点である。
1人US5$ということは、カンボジアでは高級レストランなので、食べている間はビールを注いでくれたり、ご飯をよそってくれたりとサービスも抜群であった。

 ゲストハウス・ジャスミンに戻り、レセプション横のビリヤードをやることにする。
もちろん無料なのだが、台が傾いているため相当に運が重要となる。
ただ、勝負云々ではなく、とても面白かった。
旅先で偶然出会った人と、飲んだり、遊ぶのは面白い。
ビリヤードの途中、ジャスミンのオーナーのクンが教えてくれたのだが、ジャスミンの横は置屋(所謂売春所)になっているらしい。
ものすごいぼろい小屋で昼間だと物置のように見えるが、夜になると確かにピンク色の明かりが中から洩れている。
さらに、ジャスミン・ゲストハウスのレセプションは2階にあるため、2階から見下ろすと中が丸見えである。
日本人の客がいることが多いのだとか。
カンボジアは物価が安いので、日本人が観光目当てでなく、置屋目当てで来ることも多いのだとか。
チベットで会ったジュン君もたぶんこういうところばかり行っているんだろうなあ。
こんなくだらない会話をしつつ、ビリヤードも続け、気がつけば24時を回ってしまった。
明日は、市内観光でもしようかなと考える。

 そうそう、キムさんには全観光終了後に、キムさんの家族への日本のキャンディーを渡すついでに、チップとして追加料金をいくらか渡してあげた。
チャーター料金に関しては、高すぎず、安すぎずの適切な値段だと思っていたので、今後利用する日本人のために、自分(バイタクのドライバー)が主張したら、絶対に日本人はお金をくれるとは思われたくなかった。
そのため、あくまでもこれはチップだからと強調しておいた。
確かに、雨の中も走ってくれたし、総合的には良くやってくれたと感じたので。
それにしても、バイタク・ドライバーにも気を使わなきゃならないなんてカンボジアは疲れる。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/29(土) 22:28:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンコール・ワット遺跡群~バンテアイ・スレイ、ベンメリア編

 アンコール遺跡群観光2日目、バンテアイ・スレイと外回りコースを巡る予定とし、朝ゆっくり起きて観光開始。

 まずは、バンテアイ・スレイに向かう。
シェムリアップから1時間ちょっと。
距離は40kmくらいらしい。
少し距離は長かったが、道も舗装されており、バイタクでもさほど苦にはならなかった。
が、ゆっくり起きたためか、団体ツアー客でごった返しており、見学どころではない。
ここは元々規模は大きくはないが、「東洋のモナリザ」と言われる美しいレリーフで有名な遺跡である。
しばらく、待ってみたが団体が引く気配は全くなく、見学もそこそこに断念する。

200701628.jpg 200701621.jpg


 外回りコースの見学に行こうとすると、バイタク・ドライバーのキムさんがベンメリアに絶対行くべきだと言い張る。
しかし、元々ベンメリアに行く予定はなく、距離も伸びるためバイタクチャーター料も大きく変わってきてしまう。
結局、10US$プラスするということで納得し、ベンメリアまで行くことにする。
ベンメリアは、アンコール・ワットに来る前に友人から行ったほうがいいと聞いており、気になっていた遺跡だ。

 ベンメリアは、バンテアイ・スレイよりさらに40kmほど進んだ場所にある。
なぜはじめから行く予定に入れていなかったかというと、まず道が舗装されておらず、バイタクでは厳しいというように聞いていたためである。
また、山裾を迂回することから山賊に襲われることがしばしばあるという話も聞いていた。
さらに、ベンメリア一帯はまだ地雷が撤去されていないとガイドブックに書かれているのも目にしていたためである。
しかし、キムさん曰く、道はともかく、今は山賊は出ないとのこと。
周りのガイドに聞いても、一様にそのような答えなので行ってみようと考えた。

 バンテアイ・スレイからメインロードを外れる方向に向かう。
すると、すぐにカンボジアらしい赤土の一直線の道になってきた。
舗装はされておらず、いたるところに段差があり結構跳ねる。
さらに、バイタクの2人乗りで、そのような悪路を時速100km以上出すのでかなり怖い。
もし、ドライバーが転んだらイチコロだな…なんて考えたりも。
安全面を考えると、あんまり良い選択ではなかったかもしれない。
が、それなりに楽しいのも事実である。

200701731.jpg


 1時間半ほど走り、ベンメリアへ到着。
ここまで来ると観光客もかなり少なくなり、ゆっくり見学できる。
土産売りの子どももいなく、どちらかというと素朴な人々を見ることができた。
ベンメリアの遺跡自体は、タ・プロームを大規模にしてもっと破壊したようなイメージ。
ポルポト派などにより破壊されたらしいのだが、ほとんど修復されていないため、一部は瓦礫の山になっている。
また、アクセスなども確保されていないため、瓦礫を乗り越えたりしなければならない。
それもまたこの遺跡の良さである。
ひっそりとした雰囲気の中で、自分1人で廃墟と化した遺跡を進んでいく。
苔に覆われた遺跡巡りを満喫することができた。
途中、カンボジアの少年が蛇を見つけて教えてくれた。
ベンメリアには猛毒の蛇がいるらしく、噛まれたら大変とのこと。
でも、瓦礫をよじ登る必要のある遺跡なので、結局は運次第かもしれないなと感じた。
他のアンコール遺跡とは違い、修復されていない遺跡もまた趣があるなと思いながら観光を終える。

200701685.jpg 200701669.jpg

200701670.jpg 200701675.jpg

200701690.jpg 200701684.jpg


 シェムリアップに戻りがてら、一ノ瀬泰造の墓によって見ることにする。
一ノ瀬泰三とは、カンボジアに没した戦場カメラマンである。
浅野忠信主演の「地雷を踏んだらさようなら」という映画でも話題になった。
ただ、実際にはシェムリアップニは一ノ瀬泰三の墓はないらしく、遺族が関わっていないどころか骨すら埋まっていないとのこと。
カンボジア人が勝手に墓石を作り、見学者から寄付金を取っている(騙し取っている)だけだとのことである。
そのため、まったく寄る意味はなかったのだが、何となく行ってみたいなと思ってしまった。
行ってみると、案の定1US$要求された。
が、この時点ではもしかしたら墓は本物かもと思っていたため、つい払ってしまった。
失敗…。

200701726.jpg


 15時頃であったが、もうゲストハウスに戻ることにする。
ここで、キムさんとの間にチャーター料でトラブルが発生してしまった。
元々、3日間チャーターするという約束であり、
1日目 内回りコース
2日目 外回りコース+バンテアイ・スレイ
3日目 ロリュオス遺跡群
を周るという約束で、トータル金額を決めてあった。
しかし、今日突然の提案でベンメリアにも行くことになり、その際10US$の追加という話で合意していた。
自分自身では、
1日目 内回りコース
2日目 バンテアイ・スレイ+ベンメリア
3日目 ロリュオス遺跡群+外回りコース
というスケジュールに変更になって、お金は10US$追加だと考えていた。
しかし、彼の解釈は、2日目に対しての10US$追加であり、3日目は当初のロリュオス遺跡群見学に加えて外回りも行くのだから、もっとお金が必要とのことであった。
しっかり、交渉したつもりだったのだが、失敗してしまった。
当然、こちらも引くつもりはないが、揉めるのがかったるい。
ただ、これに関しては、彼がボッタくろうとしたのではなく、解釈の違いかなとおもうことで少しは納得してあげようかなとも考えたが、それほど自分は出来た人間ではないようだ…。
とりあえず、追加料金は払わないということで押し通す。
ガイドブックを見ても、決してボラれてもいないが、値切りすぎてもいないと考えたからだ。
外国での交渉は難しい…。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/29(土) 10:56:18|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンコール・ワット遺跡群~内回りコース

 早朝起きて、アンコール・ワットの日の出を見に行くことにする。
昨日の疲れも抜けた気がしないが、1日でも早く見てみたかった。

 バイタクに乗って、アンコール・ワットへ向かう。
前日にバイタク・ドライバーに頼んでおいたのでちょうど良い時間に出発。
ゲートで3日間パスを購入し、期待を膨らませながらアンコール・ワットへ。
辺りはまだ真っ暗だが、人がたくさんいる。
その多くが日本人のようだ。
まるで日本の観光地に来たようですこしがっかりしてしまった。

 真っ暗な中アンコール・ワットの参道を進んでいく。
聖池の辺りから見ることにした。
空がうっすらと明るくなってくる。
空が紫色から赤色に染まっていく様子を見たくずっと粘っていたが、空が美しい色に変化することはなく、やがて空が明るくなってしまった。
今日は曇りであり、残念ながら素晴らしいサンライズは見れなかったようだ。
天気のことは仕方ない。
アンコール・ワットをこのまま見学してしまう方法もあるが、午前中は逆光になってしまうということで、他の遺跡を巡ることにする。

200701419.jpg


 今日からアンコール遺跡群を巡るために、バイタクをチャーターすることになるが、泊まっているジャスミン・ゲストハウス専属のドライバー・キムさんに任せることにする。
彼は日本語がかなり堪能である。
バイタクでは、料金に関してかなり揉める可能性が高いと聞いていたので、日本語も話せ、誠実そうな彼に頼むことにした。

 本日は内回りコースということで、アンコール・トムから巡ることにする。
アンコール・トムの入り口の南大門も大きな見所の一つであり、一度降りて見学する。
ただの入り口であるにもかかわらず、迫力を感じる美しいデザインであり、アンコール遺跡群に対してとても期待が高まってくる。
アンコール・トムではバイヨン近くの食堂でバイクを降り、歩いて見学することにする。

200701592.jpg 200701590.jpg


 まず「宇宙の中心」とも言われるバイヨンを見学する。
バイヨンには多くの四面仏の像があり有名であるが、壁一面に描かれたレリーフもとても美しい。
12~13世紀にこれらを築くことができたクメール王朝はどれほどすごい技術を誇っていたのだろうか。
まだ早朝であり、あまり観光客もいないので、ゆっくりと見学する。
次いで、バプーオンや王宮(ピミアナカス)、プリア・パリライ、ライ王のテラス、象のテラス、クリアンなどのアンコール・トムの他の遺跡を見学。
しかし、バイヨンの印象が圧倒的に強かったため、他の遺跡はややどうでもよく感じてしまった。

200701585.jpg 200701584.jpg

200701549.jpg 200701588.jpg


 見学を終えた後、朝方とは言え多少暑く、疲れたので休憩する。
この際、水を購入したのだが、飲んでみるとやや臭い気がする。
値段が安いものを購入したのだが、カンボジアの一番安い水(白い透明ではないボトルに入っているもの)はミネラル・ウォーターでなく、ただの煮沸水だということが判明。
だから変な臭いがしたのだろう。
まあ、安いから構わないんだけど。

 しばし休んだ後、アンコール・トムの勝利の門を抜けてトマノンへ向かう。
こじんまりした雰囲気であり、すぐ見学を終える。

200701512.jpg


 次にタ・ケウを見学。
ここは、他の遺跡よりゴツゴツしており、見た目がかっこいい。
建築途中で雷の影響で中断してしまい、未完のままらしいが、そのせいだろうか。

200701461.jpg


 さらに移動し、タ・プロームへ。
もう既に似たような遺跡ばかりであり飽きてきてしまった。
が、ここまで来たのだから見るしかない。
この遺跡は、宮崎駿のアニメ”天空の城ラピュタ”のモデルになったと言われている。
確かに入ってみると、映画で見たような風景が広がっている。
この遺跡では、巨大な木が遺跡に絡みついている異様な光景を目にすることができ、迫力がある。
かなり倒壊してしまっている部分も多いが、それもまた趣がある。
アンコール遺跡群の中でもメインの一つではないだろうか。

200701518.jpg 200701519.jpg

200701510.jpg 200701485.jpg


 タ・プローム見学後は、目の前にあるバンテアイ・クディを見学。
典型的なアンコール遺跡なのだろうが、既に見飽きてしまった感じもする。
ついでに、横にあるスラ・スランも見学する。
 
 昼食を食べた後、プラサット・クラヴァンを見学し、いよいよアンコール・ワットへ向かう。
もう昼を過ぎたので、逆光ではなくなっている。
相変わらずの人手だが、とにかく素晴らしい遺跡である。
遠めに見た外観も美しく、近寄ってもレリーフもまた素晴らしい。
このデザインは一体なんだろうか。
とにかくすごいの一言である。
こんなに美しい遺跡があるとは思わなかった。
想像以上である。
2時間以上をかけゆっくりと見学する。
レリーフが多くあるのだが、「ラマヤーナ」「マハーバーラタ」などそれぞれテーマに沿って描かれている。
ゆっくりと見学する価値は充分にあると感じた。

200701399.jpg 200701447.jpg

200701435.jpg 200701432.jpg


 夕方も近くなってきたので、プノン・バケンからアンコール・ワットの夕日を見に行くことにする。
ここがサンセット・ポイントの第一人気らしい。
プノン・バケンはちょっとした山になっており、かなりの急坂を登ることになる。
登りはともかく、日の入後暗くなってからはかなり注意して歩く必要があると思われる。
ただ、US10$以上とカンボジアにしてはかなり破格であるが、お金さえ払えば象に乗って上まで行くこともできるらしい。
およそ60m登り、プノン・バケンの頂上に着くと、アンコール・ワットを見下ろすことができた。
森に浮かぶアンコール・ワットもまた素晴らしい。
残念ながら、日の沈む方向には雲が分厚くかかっており、きれいな日の入を見ることはできなそうだったので、暗くなる前に戻ることにする。

200701452.jpg


 夕方宿に到着する。
夕飯は、バイタク・ドライバーたちとカンボジア鍋を食べに行く。
カンボジアにしては値段は少し高いのだが、絶妙な味である。
タイスキと材料はほぼ同じなのだが、麺や野菜、肉などいろいろなものを混ぜ独特の香辛料で煮込むので少しだけ味が違う。
いくらでも食べたくなるほどの美味であった。
ドライバーと明日の約束をして宿に戻る。

 アンコール遺跡群を見学して感じたのだが、とても土産の客引きが多い。
多くはまだ小学生低学年くらいの子どもたちなのだが、とにかく至るところに居り結構しつこい。
はじめはかわいいなとも思っていたのだが、見学中は常に付きまとわれるので観光している気がしないし、だんだん疲れてくる。
さらに残念なのは、しばしばこの子どもたちが盗みを働くという話を聞いたことだ。
実際、昨日自分自身もお金を盗まれている。
貧しさと観光大国という状況からこのようなことが起きてしまうのかもしれないが、残念である。
もちろん、全員が盗みを働くわけではなく、とてもかわいい子どもも多い。
でも、土産エリアを決めるなどある程度の措置はとるべきではないかなとも感じた。
いや、でもこの雰囲気こそカンボジアなのかもしれない。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/28(金) 22:43:06|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラブルの連続~シェムリアップへの道

 カオサンから直接ツーリストバスでシェムリアップに向かう方法もあったのだが、何となく列車で行くというものに惹かれ、個人で行くことにする。
ホアランポーン5:55発の列車に乗り、アランヤプラテートへ向かう。
途中から田舎の風景を楽しみ進む。
社内はガラガラだったので、3等だったが座席上で横になって眠ることもできた。
ただ、社内にはゴキブリが走っているなどちょっと衛生面で問題はあったのかも。
タイのゴキブリは大きい。
沖縄のものも大きいと聞いたことがあるが、それより凄いのかもしれない。
黒光りしていて、大きく、人をあまり恐れないのか、ゆっくりと歩いている。

 そんなこんなで、5時間半ほどの列車の旅を終え、アランヤプラテート駅に到着する。
ここから国境まではちょっと離れているのでモーターサイで移動。
国境横には大きなマーケットがあり、少し見学したい気もしたが、シェムリアップに夜遅くなって到着したくなかったので、先を急ぐことにする。
カンボジア・ビザは国境で即時取得可であったが、国境では賄賂を要求されるとのことでバンコクでとるのが無難との情報を聞いていた。
案の定賄賂を要求され、1000Bのはずが1200Bとられる。
「1000Bだろ」
と言っても、相手が聞く耳を持たないのでどうしようもない。
これがカンボジアなのかといった感じ。
カンボジア側に入った途端に、道路の舗装がなくなり、町の柄も一気に悪くなった。
カンボジア側の町ポイペトは、現在はカジノで栄えているらしいが、カジノと言ってもラスベガスやマカオのような綺麗な建物が並ぶわけではなく、ぼろい建物が並んでいるだけである。
また、この町は治安が良くないらしく、面倒なことは嫌なので、一気に通り抜けてしまいたかった。

200701808.jpg


 ポイペトからシェムリアップへは、ピックアップ・トラックで行くことができると聞いていた。
ただ実際に国境を越えてみると、ミニバスも運行されているようであった。
おそらく、列車の時間に合わせてツーリスト向けに運行されているのだろう。
素直にツーリスト・バスに乗ればよかったのだが、何となく冒険心が出てピックアップ・トラックで行ってみたいなと思ってしまった。
今、考えればこれが大失敗の始まりなのだが。
バスの横にピックアップ・トラックがおり、
「いつ出発するのか?」
と尋ねると、
「すぐに出発する」
との答えが返ってくる。
さらに、
「ツーリスト・バスは速度が遅いから駄目だ。ピックアップのほうが早く着く。」
とのこと。
素直にこれを信じてしまい、ピックアップに乗り込む。
どうやら満員にならないと出発しないらしいが、それまでには相当時間がかかりそうな気がする。
しかしドライバー曰く
「すぐに集まるから気にするな」
とのことであった。
他の客を待っている途中、
「お前は、カンボジアの金を持っていないだろう」
とのことで、両替所に連れて行かれるが、あからさまにレートが悪く両替を拒んだ。
この頃から、騙されていることに気づいていたのだが、既にバスは出発しており、頻発していないようだったので、諦めてこのまま向かうしかない。
結局、ずーっと待たされ、出発したのは15時半頃であった。
既にツーリスト・バスが出発してから3時間は経過している。
出発する際に、乗り込んでいる人全員の料金を徴収された。
あまり信用できそうでなかったので、わざと全員の乗客の前で料金を払い、払った払っていないで揉めるのを防ごうと考えた。
また、行き先もシェムリアップまでダイレクトであるということをしつこく確認しておいた。

 ようやくピックアップ・トラックが出発した。
ピックアップ・トラックはただのトラックの荷台に乗っているわけだが、超満員であり、必死につかまっていないと落ちてしまいそうである。
実際足を少し動かす隙間もないほど。ぎゅうぎゅう詰めであり、さらにカンボジアの悪路も重なってかなり辛い。
カンボジア特有の赤土も否応なしに飛んでくる。
また、カンボジアはまだ治安が良くないと言われており、ちょうど数日前にも強盗に襲われ、ツーリストが殺されたと聞いていた。
実際、ピックアップ・トラックが出発して、しばらく進んでいるとあちこちに「銃を返却しましょう」とか「AIDSに気をつけろ」と言ったような看板がある。
ストップ・エイズの看板は見たことがあったが、銃を返却しましょうというのは初めてであり、この国の現状を表しているなと実感できた。
もう今更どうしようもないのだが、最悪な国だと第一印象は最低になる。

 2時間弱走り、シソポンに到着する。
するとドライバーが
「ここまでで乗り換えろ」
と言い出す。
あれだけ、シェムリアップまで直通だと聞いていたのにである。
さらに
「料金を払え」
とまで言い出す始末。
もう既に払っている。
当然、イライラが限界に来ていたので大喧嘩をし、ちょうど近くにシェムリアップ行きのピックアップ・トラックが来ていたのでそれに乗り込む。
先ほどのドライバーが
「料金を払え」
としつこく迫ってくるが、断固払わず、怒鳴りあい。
シェムリアップ行きのドライバーに事情を説明したところ、納得してくれ、先ほどのドライバーを追い払ってくれた。
今度のドライバーの方がまともそうである。

 結局、シソポンでも客待ちをすることになり、1時間ほど時間が遅くなる。
この時点で19時頃になり、既に辺りは真っ暗である。
シソポンに泊まってしまおうかと考えたが、早くシェムリアップに着きたい気持ちが強く、先に進むことにする。
夜に、ピックアップ・トラックで進むということで治安に大いに不安があったが、もう今更である。
シソポンで客待ちをしていると、ドイツ人のサラと言うツーリストが同じピックアップに乗り込んできた。
彼女も同じような経緯を経て、シソポンにいるらしい。
結局、ピックアップを利用しようとすると同じような経験をするようだ。
何にせよ、ツーリストがいたというのは心強い。
さらに、途中から日本語が話せるカンボジア人が乗り込んできた。
学校の先生をしているらしい。
治安について尋ねると、
「今はかなり落ち着いているから心配する必要はない」
とのこと。
信用するしかない。
シソポンを出発し、いよいよシェムリアップに向かう。
途中、スコールのような大雨が降ってくる。
当然屋根はないので、びしょびしょ。
さらに赤土が飛んでくるのでどろどろ。
もうどうでもよくなってきた。
ただ、今回は同乗者に恵まれたため、会話をしながらであり、それなりに楽しむことができた。

 途中、シェムリアップに近くなってきたところで少し休憩があった。
もう喉もカラカラでありジュースを購入するが、ここでまたハプニング。
小学生くらいの子供が売っていたのだが、手品のように500B札を盗まれてしまった。
細かいお金を探そうとしている最中に、ほんとに一瞬で500B札が消えてしまったのだ。
ここまできた疲れと、そろそろシェムリアップに到着できるという油断もあったのだろうけれど、嫌な国だ。
どんどんこの国が嫌いになっていく。

 さらに30分ほど走り、ようやくシェムリアップに到着。
ピックアップ・トラックが停車したところにホテルの客引きがたくさん集まってきた。
サラと同じホテルにいこうかということで一緒に向かう。
ホテルの当てもなかったし、これ以上夜1人で移動するのも相当に億劫だったからである。
結局、到着は22時くらいになってしまった。
本当に疲れた。
でも、シソポンからは同行者がいて本当に助かったと思う。
街灯も全くなく、夜道で、スコールに打たれ、泥が飛んできて…とまさに地獄である。
あぁ、疲れた。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/24(月) 20:52:06|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンコク ワット・プラケオ、王宮見学

 スコータイからバンコクへのバスを待っていると、日本人2人組に話しかけられる。
どうやら2人もバンコクへ向かうらしい。
カオサンに泊まるとのことで、バンコクのバスターミナルに着いたらそこから一緒にタクシーを割り勘にしようかという話になる。
バンコクのバスターミナルには、24時頃に到着。
タクシーを探すより前に、カオサンに行くバスを発見。
バンコクのバスは24時間運行とのことで、この点では東京よりすごい。
日本も本数は減らしても、24時間運行にすれば便利なのに。
ということで、バスに乗って移動。
カオサンには24時半頃到着した。
ちょうどバスで乗り合わせた2人組が、3人部屋があるホテルを知っているということで行くことにする。
既に、受付は閉まっていたが、警備員のおじさんに入れてもらう。
チェックインした後、屋台へ行き飯を食べる。
既に25時を過ぎているのに、屋台がたくさん出ているところもバンコクの凄さ。
1人でこんな時間だと凹みそうだけれど、運良く日本人に出会えてラッキーだった。

 翌朝、2人はパタヤへ移動するということで、別れる。
気さくでとてもいい2人だった。
旅行に行くと、関西人に出会う確率が高い気がする。
そして、総じて気さくである。
性格の違いだろうか。

 今日はバンコクの目玉、ワット・プラケオ、ワット・ポー、ワット・アルンを見学することにする。
カオサンから歩いていける距離であり、バンコク最大の見所だろう。
王宮があるエリアに行ってみると、ものすごい混みである。
日本人ツアー客を中心とした団体が大挙して訪れている。

 まずは、ワット・ポーに行ってみることにした。
巨大寝仏があり、タイ最初の大学として知られるこの寺院。
マッサージも受けることができるらしい。
寝仏だけかと思いきや、意外に敷地は広かった。
寝仏も予想を超えた大きさであり、金色で輝いている。

200702456.jpg 200702455.jpg


 次にワット・アルンへ向かう。
ここは三島由紀夫の小説「暁の寺」の題材になったことで有名らしい。
ワット・プラケオの裏側からボートに乗っていくことができる。
チャオプラヤー川から眺めるこの寺院は本当に美しい。
決して規模は大きくないけれど、とても満足できた。
すごく画になる寺院である。
暑さで、疲れてきたのでゆっくりと見学。
往復のボートも水しぶきが心地よかった。

200702390.jpg 200702389.jpg


 最後にワット・プラケオ、王宮へ向かう。
相変わらずの大混雑であるが、それにふさわしい美しい寺院である。
ここは本堂に納められている仏像がエメラルド色をしているため、エメラルド寺院とも呼ばれているらしい。
実際に見学してみると、本堂よりも金色の仏塔や、多くの壁画に目を奪われた。
タイにしては、入場料がとても高く、あまり期待はしていなかったのだけれど期待以上。
プラ・シー・ラタナー・チェディ、プラ・モンドップ、プラサート・プラ・テーピドーンの3種の塔が並ぶ様子は壮観であった。
ワット・プラケオを見学後、引き続き多くの王宮を見学できる。
チャクリー・マハ・プラサート宮殿が王宮エリアの最大の見所だろうか。
美しい外観であった。

200702403.jpg 200702411.jpg

200702409.jpg200702419.jpg

200702397.jpg 200702399.jpg


 満足できる1日だったが、暑い中歩き回り相当に疲れた。
明日は、カンボジアに向かおうかなと考える。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/23(日) 23:16:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車で巡るスコータイ

 アユタヤからバスで6時間ほどかけて、スコータイに到着。
着いた当日はもう既に夕方だったので、翌日に遺跡群を鈴木さんと自転車を借りて巡ることとする。

 ゲストハウスにチェックインした後、町歩きをする。
なんとなく予測していたけれど、ものすごい田舎。
ナイトバザールも想像をはるかに超えてしょぼく残念。
でも、田舎っぽさを感じることができたとも言えるかも。

 翌朝、スコータイ遺跡まではソンテウで行き、そこで自転車を借りて観光。
20Bほどであったが、日本の自転車と比べてサドルが硬く少し乗りにくい。

 まずは、城壁内のワット・マハータート、ワット・シー・サワイ、ワット・スラ・シー、ター・パー・デーン堂を巡る。
この中でも、一番の見所はワット・マハータートであった。
王室の寺院だったらしいが、写真を見て想像していたより小さかった。
ただ、考えてみれば大昔のものであるし当然なように思う。
城壁内の最後に、ラームカムヘン大王記念碑を見に行くが、ここでは現地女子学生がお祈りをしており、この遺跡が日常的と深く結びついているものであると実感できた。
スコータイ遺跡は、見学客もとても少なく、ゆっくり見学するのにもってこいの場所である。

200702029.jpg 200702033.jpg

200702040.jpg 200702050.jpg


 次に、城壁外を巡る。
ワット・プラ・バーイ・ルアンを見学した後、ワット・シー・チュムへ向かう。
個人的には、スコータイではワット・シー・チュムが一番印象に残っている。
本堂の壁いっぱいにかなり大きな仏像か納められており、他の場所でもこのような仏像は見たことがなかったためである。
その後、しばらく、おそらく2km以上だったと思うが、自転車で走り、ワット・サパーン・ヒンへ。
ここからは、高台の上にあり、スコータイ遺跡を見渡すことができる。
最後に、象が仏塔の土台を支えているワット・チャーン・ロムと、かつてスコータイで一番の最高傑作があったというワット・トラパン・トーン・ラーンを見学。

200702054.jpg 200702056.jpg

200702058.jpg 200702063.jpg


 かなりの距離を自転車で駆け回った。
満足して戻ることにする。
2人で話しながら自転車で巡ったので楽しく巡ることができたが、1人で黙々と見学するのは厳しかったかもしれない。

 夕方のバスでバンコクに戻ることにする。
これで戻るとバンコク着が深夜なので、ちょっとどうしようか悩んだが、向かうことにする。
鈴木さんはチェンマイに向かうため、ここでお別れ。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/23(日) 13:00:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

トゥクトゥクで巡るアユタヤ

 タイに着いて2日目、朝早くおきてアユタヤに向かうことにする。
カオサンからホアランポーン駅へ行けるバスがないようだったので、タクシーに乗ってしまうことにする。
いくらくらいするのか不安だったのだが、30バーツほどでカオサンから駅まで行くことができた。
かなり安く満足。
駅に着き、切符売り場へ行くと、すぐに列車は発車するということで乗り込む。

 ホアランポーン駅を出発した後に列車は、ちょっとしたスラム街のような場所を通り抜けアユタヤに向かう。
1時間半ほどの列車のたびであったが、車窓を眺めているとあっという間に着いてしまった。
駅を出ると、トゥクトゥクの客引きが集まってくる。
中には法外な値段を言ってくる者や、日本人が書いたらしきノートを持っている者もいる。そのノートには法外なチャーター金額が書いてあるが、なぜかそれを書いている日本人はこのドライバーは親切ですとか書いてある。
どれだけ騙されやすい人なのだろう…。
自分の名前に住所まで書いている人もいたから驚きである。
行きたいゲストハウスは駅から1kmくらいであり、充分歩ける距離であったが、なんとなくトゥクトゥクにも乗ってみたくなり、客引きの中でも無難な値段を言ってきたドライバーのトゥクトゥクに乗ってみることにする。
たいした距離でなかったので、すぐに目的のゲストハウスに着いたのだがなんと改装中。
すると、トゥクトゥクのドライバーが日本人はP.U(ピーユー)ゲストハウスに泊まることが多いと教えてくれる。
当てもなかったので向かってみる。
1泊250バーツとのことで予算より高かったが、部屋を見せてもらうと、ダブルベッドでありすごくきれい。
ここに決めることにする。
チェックインしようとすると、さきほどのトゥクトゥクドライバーがやってきて、
「午後から遺跡案内をしてやるから、チャーターしないか?」
と言ってくる。
値段を聞くと、さほどボッタくられている様子もない。
自転車で遺跡を巡ろうと考えていたのだが、暑いし、なによりタイに来て自分の中で勝手にリゾート観光のような気持ちになっていたので、チャーターしてしまうことにする。
そう、ケチケチするだけでなく楽しまなければ!
ということで、午後に迎えに来てもらうことにし、ひとまず眠ることに。
何も気疲れすることなく、ぐたぐた旅できるタイは楽しい。

 午後時間通りに先ほどのドライバーが迎えに来てくれ、遺跡めぐりに出発。
ドライバーが持っていたポストカードに載っている寺院全てに行くことにする。
まずは、木の中に仏像が埋まっているワット・マハータートへ向かう。
ここが、アユタヤで一番有名な寺院だろうか。
次いで、ワット・ラーチャブラナ、ワット・プラ・ラームを巡る。
どちらも意外に規模が大きく満足。
その後に、ワット・プラ・シー・サンペットを見に行く。
ここが一番仏塔としては見応えが合ったように感じた。
ここで、面白いことが起こった。
タイ人が突然500円玉を持って現れた。
「これはタイバーツに直すといくらですか?」
と聞かれ、何気なく
「150バーツくらいじゃない」
と答えると言ってしまった。
同じことを違うタイ人にも聞かれ、いったいなんだろうと思っていると、どうやらたまに500円を1500バーツの価値と勘違いする日本人がいるとのことであった。
もし、あの時1500バーツと答えていれば、両替してくれと言われたのだろう。
まあ、これに関しては自分で間違ってるんだから、騙されても仕方ないよなと感じた。
この後、ワット・プラ・モンコン・ボピットで綺麗な金ぴかの仏像を見て、ワット・ロカヤスタヤで28mもある寝仏を見学。
最後に、ワット・プー・カオ・トーンからアユタヤを見渡して見学を終える。
他にも、ガイドブックに載っている場所はあったのだが、基本的にどれも同じ形状であり、どうでもよくなってしまった。

200701905.jpg 200701904.jpg

200701849.jpg 200701888.jpg


 トゥクトゥクドライバーに宿ではなく、川沿いにあるというレストラン「サイトン・リバー」で降ろしてと頼み、連れて行ってもらう。
まだ、夕方にもなっていないが、名物の手長エビ料理を食べながらビールを飲んで至福の一時。

200701837.jpg 200701838.jpg


 夕方になり、日が暮れ始めたので宿に戻ろうかなと考え歩いていると、ナイトマーケットを発見。
ちょっと見物しつつ、宿に戻ろうと歩いていると、アユタヤのいくつかの遺跡がライトアップされている。
せっかくなので見に行くことにする。
3つほど見学できたが、ワット・プラ・シー・サンペットが一番綺麗であった。

200701873.jpg 200701846.jpg


 辺りも真っ暗になり宿に戻ることにする。
バンコクと違いアユタヤはかなり田舎であり、夜になると街灯も少なく、本当に真っ暗である。
タイなのであまり治安の不安は感じなかったものの、ちょっと不安を感じながら夜道を歩いていると、事件が起こった。
昼間からずいぶん犬が多いなとは気になっていたのだが、犬が何匹も周囲に集まってきてしまったのである。
さらに、一瞬目が合った瞬間、吠え出し、どこからともなく他の犬まで集まってきてしまった。
目を合わせると吠え出してしまうので、必死に目をそらしながら、先を急ぐ。
結局6匹ほどの犬に遠巻きに囲まれ、しばらく追いかけられたものの、どうにか噛みつかれることなく宿に戻ることができた。

 ホッとして、宿のロビーに行くと、日本人が数人いて話しかけられる。
なかなか面白い人たちで、ちょうどテレビで放送されていたアテネオリンピックを見ながら談笑。
明日、列車でアユタヤに行こうと考えていたのだが、その中の一人がバスで行くとのことで一緒に行くことにする。
彼は、鈴木さんと言い、学校の先生を目指している学生であるとのこと。
旅は道連れである。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/22(土) 15:14:52|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

微笑の国タイへ

 タイのバンコクへやってきた。
ロイヤル・ネパール航空でカトマンズからバンコクへのフライトとなったのだが、かなり揺れ、到着時には拍手が起こるほどであった。

 入国手続きを済ませ、ドン・ムアン空港の外に出ると、南国特有のムッとした熱く湿った空気を感じたが、決して不快ではない。
むしろ心地よいくらいである。
まずは、安宿など何でも集まっているというカオサン・ロードに行ってみることにする。
空港のインフォメーションで訪ねると、エアポート・バスでカオサンまで行くことができるとのこと。
バスのチケット売り場でチケットを購入。
チケットを売ってくれる人のサービスが日本のようによかったことに感激。
さすが微笑みの国である。
空港からカオサンに来る間の景色は、まさに大都会。
大渋滞の状況など東京を超えているのではないかとも感じた。
途中、深田恭子や浜崎あゆみなど日本の芸能人の看板も見ることができ、日本の芸能人も人気があるのだと実感。
また、ネパールや中国との大きな違いは、セブンイレブンやファミリー・マートがまるで日本のように数多くある。
久々の大都会に嫌がおうにもテンションが上がってくる。
およそ1時間でカオサンに到着。
どこでもいいので、ガイドブックで安宿を探し、チェックイン。
今回はCH2という宿に泊まることにした。
ガイドブック曰く日本人が多いとのことだが、確かに入り口に日本人がたむろしている。
ただ、あまり雰囲気の良い日本人ではなかったため、話はせず。

 チェックインした後、早速カオサンを歩いてみる。
昼間から多くの露店で賑わっており、活気がある。
焼きそば、焼き鳥、クレープなどの食べ物から始まり、スイカ、パイナップルなどの果物、さらにはTシャツなども売っている。
バックパックも大量に、それも日本では考えられないほど安く売っている。
(後で聞いたところ、壊れている可能性も高いらしく、自己責任で買う必要があるのだとか)
また、ネットカフェや写真屋(フィルムもネガであれば高品質で安く現像してもらえる)など、生活に必要なものはすべてそろっているといった感じである。
そして、カオサンにはマクドナルドにバーガーキングとファーストフードまである。
チベット、ネパールから来たので、とにかくそのようなジャンクフードに飢えており、またもテンションが上がってくる。
書くことがありすぎて、書ききれないほどに充実したところである。
それにしても、外国人比率が高い。
日本人に欧米人、韓国人、そして地元のタイ人などさまざまな国籍の人で溢れており、まさに無国籍な町である。
たしかに、これほど多くの店があり、食べ物も充実しているのならば旅行者も集まるはずである。
バックパッカーの聖地と言われる所以がわかったような気がした。
ネットなどをして、フラフラしていると日が暮れてきた。
20時頃になって、もう一度町を歩くと、屋外テラスでビールを飲んでいる欧米人やクラブの客引きなどで賑わい、昼間よりもさらに活気に溢れている。
タイ風焼きそばなどを食べながら歩く。
食べ物もまた絶品である。
とにかく楽しい、気分も良い。

200702360.jpg 200702333.jpg

200702351.jpg 200702353.jpg


 タイという国。
まだ観光はしていないが、とても期待が持てそうな国である。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/20(木) 17:29:47|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バクタプル&チャング・ナラヤン

 カトマンズ盆地全体を見渡すことができ、さらに世界遺産にも登録されているというチャング・ナラヤン寺院に行ってみたく、朝からバスを乗り継ぎ向かってみた。
チャング・ナラヤン自体はものすごく小さな村といった様子で、素朴な感じもあり、良い雰囲気だった。
天気もよくカトマンズ盆地も見渡せたので、バクタプルに向かうことにする。

 チャング・ナラヤンからバクタプルへはバスで30分ということであったが、本数が少なく、1時間に1便程度しかない。
ちょうど出発してしまったらしいので、歩いて向かうことにする。
歩いても1時間程度の下り坂であるし、なにより農村の風景を見ることができる。
農村の子供たちの写真を撮りながら、バクタプルへ。

200703277.jpg 200703281.jpg

200703283.jpg 200703279.jpg


 バクタプルはカトマンズ、パタンと並ぶカトマンズ盆地三大古都の一つなのだが、他の二つとは全く違い、昔ながらの情緒が存分に残っている場所であった。
車もほとんど走っておらず、外国人旅行者が少ないためか、客引きというものもいない。
ネパールの古き良き文化を体感するにはここがベストではないだろうか。
かなり町の規模も大きく、素焼きの壷作りからタンカ作成まで様々なものを見学することができるし、カトマンズのように売りつけようという意思も見られず快適である。
昔にタイムスリップしたような感覚を味わうことができる。
また、バクタプルには王様のヨーグルト「ズズダヒ」というものがあり、休憩がてらカフェで食べることもできる。

200703321.jpg 200703317.jpg

200703298.jpg 200703328.jpg

200703315.jpg


 明日、タイに向かうことに決めたので、今日がネパール最後の日であるが、満足してカトマンズに戻る。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/20(木) 00:09:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤギの生け贄

 カトマンズからバスで一時間半ほどの場所にダクシンカリというヒンドゥー教の女神カーリーを祭った寺院がある。
そこで、ヤギなどを週に2回生け贄に捧げるらしいということを聞き、見に行ってみることにした。
ダクシンカリはバスで一時間半ほどの場所にあるのだが、途中から地元の人がヤギやら鶏やらをバスに持ち込んできて、バスが満員になってしまった。
動物の鳴き声でうるさいし、臭いし、満員できついバスの旅である。
何でバスに動物を連れ込むのだろうと考えていると、どうやらそれを生け贄にするらしい。

 寺院に到着して、生け贄場に行ってみると、やはり先ほどバスに一緒に乗っていたヤギや鶏が生け贄にされている。
ここでは、一気に首を切り落とすのではなく、ナイフで少しずつ切り、その後血をかけて生け贄として捧げるという方法であった。
先ほどまで一緒のバスに乗っていた動物が殺されるのを見ても気持ちが良いわけがない。
なんだか楽しいというものではなく、見れたので良かったかな程度でカトマンズへ戻ることにする。

200703275.jpg 200703276.jpg

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/19(水) 22:11:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パタンとNGOと

 カトマンズ地区からタクシーで20分ほどのところにあるパタン地区へ行ってみた。
ここもガイドブックによると有名な場所らしい。
しかし、スワヤンブナートでの件から、ネパールのどこを見ても面白く感じないし、カトマンズに比べるとさびしい雰囲気が出ており楽しめなかった。
規模も小さく見所も少なかったような気がした。
ネパール自体は見所も多いのだが、チベットと比べてしまうとあまり面白く感じられない。
早々に町を後にする。

200703332.jpg 200703329.jpg


 夜、タメル地区の食堂に行くと日本人のおじさんに話しかけられた。
どうやらNGOの人らしく、NGOの活動でネパールに来ているらしい。
NGOをやっている人なので、いい人なのかと思いきや、話しかけてきた理由は
「マリファナの吸い方教えて欲しいんだけど」
とのことであった。
意外だった。
その人と夕飯を食べながらいろいろ話していたのだが、
「NGOなんて自己満足極まりない。ネパールには数多くのNGOがやってきているけれど、ほとんどはカトマンズかポカラなどの大都市から日帰りできるところにしか行かない。実際に本当に支援を期待している貧しい村になんて行くNGOはほとんどない。」
とのことであった。
旅をしていると、普段巡り合えない人と会うこともできるし、さまざまな話も聞くことができるのも醍醐味の一つのように感じる。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/18(火) 21:03:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カトマンズの光と影

 カトマンズ初日、まずはダルバール広場へ向かうこととする。
カトマンズは驚くほど物価が安く、お湯シャワー付き(共同)シングルで1泊150円ほどだ。
当然土産物も安い。
ダルバール広場には多くの露天もあり、冷やかしながら歩いて周る。
ダルバール広場は、何か一つが飛び抜けてすごいということはないが、全体的にいい雰囲気を持ったエリアだった。
15時~16時頃にヒンドゥー教徒やチベット仏教徒らから「生き神」として崇められる少女クマリが、団体客の要望にこたえて窓から顔を見せるということで、どさくさにまぎれてクマリの館に見に行ってみた。
できれば写真を撮りたかったが、硬く規制されており無理だった。
窓から顔を出したクマリはただの子供。
まあ、とりあえず見れたので満足して、宿のあるタメル地区へ。
この地区は、旅行者が集まる地域で、安宿から中級宿、旅行会社、食堂などが数多く集まっている。
ネパールは、おいしい日本料理が食べられることでも有名であり、有名な「桃太郎」や「味のシルクロード」などに行ってみたがどこも日本とそん色ないくらいうまかった。
韓国料理屋などにも行ってみたが、これまた外国で食べるものとは思えないほど良い味だった。
物価も安く、飯もうまい。
カトマンズは疲れを癒すには絶好の場所のようだ。

200703242.jpg 200703244.jpg

200703240.jpg200703272.jpg


 さて、カトマンズを歩いていると多くのネパール人が「ガンジャ」、「ハシシ」、「チョコ」、「マリファナ」などと話しかけてくる。
どうやらここはそれらが安く入る名所なのだそうだ。
町を歩いていても、土産物屋に入っても、買うように薦めてくる。
値段は、グラムなどはよくわからないがそれなりの量で5~8ドルくらいのようだった。
日本だといくらくらいなのだろう?
ネパールではかなりいろいろな場所に野生のマリファナが生えているということも教えてもらった。

 カトマンズにおけるメインの見所は、スワヤンブナート、ボダナート、パシュパティナートだろう。
スワヤンブナートはカトマンズを一望できる見晴らし場所になっている。
ここはモンキーテンプルとも言われているらしく、数多くの猿がいる。
せっかくなので頂上まで上ってみることにする。
意外に厳しく、疲れたが見晴らしには満足することができた。
しかし、ここで貧しい国ならではという経験をすることとなる。
スワヤンブナートの頂上に行った時からずっと小さい子供に付きまとわれていた。
はじめは相手をするのが面倒で、適当に答えていただけだったが、それにしてもしつこい。
結局1時間以上付きまとわれてしまった。
しかし、途中で勝手に道案内をしてくれたりと、まあ全然必要なかったのだけれど、それなりに時間もつぶすことはできた。
ただガイド料を請求されるのは嫌なので、あらかじめ
「ガイドは要らない」
と強く言っておいた。
結局、周辺すべてを観光するまで着いてきた。
ちょうど喉が渇いたのでコーラでも飲もうとすると、
「ガイド料をくれ」
と言い出す。
あらかじめガイドは要らないといっておいたのだから、はっきりと拒絶するも、ずっと着いてきていたし、時間つぶしにはなったのでコーラくらいおごってあげるかと思い薦めてみるも、
「それは要らない」
とのこと。
「それよりも欲しいものがある」
ということで、何か聞いてみると、なんと赤ん坊用の粉ミルクである。
「赤ん坊が要るが、食べるものがない」
からとのことであった。
当然コーラよりはずっと値段も高いし、買ってあげる理由もないので、
「コーラ以外は駄目だ」
と伝えると、散々文句を言った挙句、帰っていった。
粉ミルクなんて買ってあげる義理はまったくないし、買ってあげる必要はなかったと今でも思ってるけれど、なんだかとても後味が悪く、気持ちが沈んでしまった。
おそらくあの子供も嘘なんてついていないだろうし(粉ミルクなんて欲しがったわけだから)、あんなに小さい子(小学校1~2年くらいだろうか)が赤ん坊用の粉ミルクを買ってくれと旅行者に頼まなければならないこの国の貧しさを目の当たりにしてしまった。
一方、タメルに行けば、旅行者が毎晩酒盛りをしているのにである。

200703229.jpg 200703233.jpg


 この後、チベット仏教の聖地の一つボダナートやシヴァ神を祭るネパール最大のヒンドゥー教寺院パシュパティナートなども見学したが、いまいち気分が盛り上がらず、ネパールにいてもあまり楽しいと感じなくなってしまった。
早くこの国から抜けようかななんて考えてしまう。

200703263.jpg 200703252.jpg

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/18(火) 00:09:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国境の町コダリ~カトマンズ

 チベットにいるときから、マオイストの動きが活発になっており、国境が封鎖されるかもしれないとの噂を聞いており、心配していたが国境は無事通過。
初の陸路国境越えである。
この国境では、橋を境に国が別れるようなのだが、写真を撮っていたら怒られた・・・。
国境のゲートでは、日本人はすんなり通過できたものの、現地の人は檻のような門の中に閉じ込められ厳重にチェックをされてからの通過となっており、日本という国籍でラッキーだったなと感じた。
ちょっとしたゲートを越えただけにも関わらず、町の雰囲気はかなり変わり、なんだか日本の田舎にきたような雰囲気だった。

200702983.jpg 200702982.jpg


 しばらく歩いていると、タクシーがおり、ランクル仲間でチャーターしてカトマンズに向かうことにする。
まだ昼にもなっておらず、夕方にはカトマンズに着けるのかなとまずは一安心。

 しかし、ここからが苦難の連続だった。
しばらく進んでいると、突然道がなくなっている。
当然車は進めず、大渋滞になっている。
どうやら待つしかないとのことである。
まわりに鉄砲を持って軍服を着た人が何人か歩いており、はじめは日本の自衛隊のような役割の人で、崖崩れが会ったため安全を守るために来たのだと思っていた。
しかし、周りの人の話を聞いているうちに、彼らこそがマオイストだということが判明。
崖崩れで道が崩れたのではなく、マオイストが道を爆破したというのだ。
なんてタイミングの悪い・・・。
結局、3時間ほど待ち、建機が到着し、どうにかマオイストエリアを突破。
すっごく疲れたけど、現地の田舎の人とも触れ合え、マオイストも間近で見ることができいい経験になった。

200703270.jpg 200703269.jpg


 さて、いよいよカトマンズに到着・・・と思いきや車がパンクした。
応急処置でタイヤ交換をし、修理をしにいく。
まるで自転車のパンクのときのようにシールを貼って直している。
1時間以上ロスして出発。

 こんどこそカトマンズへ・・・と思いきやまたもやパンク。
おいおい勘弁してくれよと。
ただでさえ疲労困憊なのに、明かりすらないど田舎の修理屋にまたも向かう。
ここでも1時間以上のロス。

 結局カトマンズへは22時近くになってようやく到着。
とにかく疲れた。
朝から何も食べていないため、ネパール名物ダルバートを食べに行く。
お代わりし放題で安くて、うまい。

 宿に向かい眠る。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/17(月) 23:06:36|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネパールへの道~ダム国境越え

チベット最終日、早朝からネパールと中国の国境へ向かう。
この日の移動距離はさほど長くはないのだが、なぜ早朝発なのかというと、どうやらランクルのドライバーが昼には国境に着いて、客待ちをしたいかららしい。

 途中、きれいな風景を見ながら、最後のチベットを目に焼き付けて移動する。
途中、標高8013mのシシャパンマを眺めながら、一気に下っていく。

200703025.jpg 200703022.jpg


 ニャラムという村を経由した。
ここでチベットの有名な詩人ミラレパが修行していたというミラレパ寺院を見学。
この辺りに来ると、標高もかなり下がってきているため、景色の中に緑色が増えてくる。
ネパールに近づいているのだと実感することができた。
ニャラム自体は、日本の田舎の温泉街といった様子。

200703052.jpg 200703053.jpg


 さらにランクルで進む。
ニャラムは標高3750mなのだが、その後わずか30kmの道のりで一気に標高2350mまで下り、国境の町ダムまでやってきた。
途中からは、緑あふれる景色に変わり、天然の滝がいたるところに現れはじめた。
ランクルが走っている道路上にも、滝や川があり、ちょっとしたアドベンチャー気分であった。
ダムの町が見え始めたところで、ランクルを降りる。
ランクルに乗ったまま、ダムのチェックポイントを通過すると、一人当たり500元獲られると聞いたためである。
チェックポイントのおよそ2km手前から歩く。
重い荷物を背負い、川などを越えながらいくのでかなり体力的に厳しいかと思ったのだが、高地から来たためか息が全然切れない。
体が、高地トレーニングをした後のようになっていたのかもしれない。
チェックポイントでは、
「ニャラムから歩いてきた」
と言い張り、相当疑われるもどうにか通過。

200702986.jpg    200702978.jpg

200702977.jpg


 国境の審査へと進む。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/17(月) 00:10:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネパールへの道~チョモランマ・ベースキャンプ~ティンリー

 朝早く、宿を出発。
チョモランマ国立公園の入場チェックゲートを過ぎた後、急坂を一気に登り、標高5120mのパン・ラ峠へ。
ここからは念願のエベレストを見ることができる。
少し雲がかかっているが、山頂もはっきりと見ることができた。
また、エベレスト以外のヒマラヤ山脈もはっきりと見ることができる。
昨日に続き、この辺りはまさに絶景の連続である。

200702987.jpg


 引き続き、ランクルに乗ってチョモランマ・ベースキャンプ(エベレストの中国側)へ向かう。
エベレストとは海外一般に呼ばれている名前であり、中国ではチョモランマ、ネパールではサガルマータと呼ばれているらしい。

 ランクルを動かそうとしてハプニングが起こる。
何をしてもエンジンがかからないのだ。
ボンネットを開けて中を調べたり、30分近く奮闘するも状況は変わらない。
しかし、他に車も通らずどうしようもない。
とりあえず、この峠の麓に小さな村があるとのことで、車を下り坂まで押してそこからは惰性に任せて向かうことにする。
車を皆で押し、下り坂に入ると同時に乗り込む。
かなり急な下り坂であり、勝手に加速していくのだが、その際に運良くエンジンがかかったようだ。
その後、車を止めた際にまたエンジンがかからなくなるかと心配したが、どうにか大丈夫なもよう。

 結局、予定より2時間近く遅れて、チョモランマ・ベースキャンプ近くに到着。
ロンボク寺の前で車を降り、そこからは馬車に乗ってベースキャンプまで向かう。
夏なので朝方しかチョモランマは見れないことが多いとのことで、朝早く出発したのだが、ハプニングもあり到着が遅れてしまった。
案の定、雲しか見えない。
ちょうど山の部分にだけ雲がかかっているのである。
とても残念。
ただ、チョモランマこそ見えないものの、ベースキャンプまで行くことができたということである程度満足することはできた。
ベースキャンプ自体は、今は夏であり登山シーズンではないことから、人もおらず閑散としていた。

200703020.jpg 200703003.jpg

200703000.jpg 200703005.jpg


 今日中に、ティンリに戻る予定なので、ベースキャンプにはわずか2時間ほどで戻ることにする。
チョモランマ・ベースキャンプに関しては、時期も悪く、また見れなかった場合の予備日も設けておらず失敗だったと思う。
ぜひ、またリベンジしたい。

 帰りはトラブルも起こらず、ティンリに到着。
宿にチェックインすると、お湯シャワーがあるとのこと。
ただ、宿代より高い別料金を払う必要があるらしい。
シャワーは浴びたい2人だけが利用することにし、他の人は休むことにする。
が、しばらくするともめている声が聞こえてくる。
従業員(とはいっても子供)とシャワーを浴びた2人がもめているようだ。
どうやら、シャワーがお湯はおろか、水すら出ないらしい。
はじめに少し水が出てきたが、すぐに水が止まっってしまったとのこと。
利用を諦め、部屋に戻ろうとしたところ、従業員が金を払えと迫ってきたらしい。
当然払う必要もなく、無視していたが、なんとしばらくするとナイフを持って脅しに来た。
これには、泊まっていた皆で激怒。
宿ごと変更。
当然、金は払わない。
使ってもいないシャワーで料金を請求してしまい、さらにナイフで脅しに来たがために、5人分の宿代もとれないなんて馬鹿なチベット人だ。

 隣の宿に移り、今度こそ休むことにする。
ティンリもシェーカル同様、食堂はあるが、値段はとても高い。
今日も買いだめしておいたカップラーメンで夕飯を済ますことにする。
チベットのカップラーメンはうまくはないが、こんな場所で食べるとなぜかうまいような感じがしてくるのが不思議。

 今日も、日の入と同時に就寝である。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/16(日) 15:39:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネパールへの道~ラツェ~サキャ~シェーカル

 今日は、サキャを見学し、その後エベレスト・ベースキャンプの見学の拠点となる村まで一気に進む予定。

 朝、シガツェを発ち、途中ラツェを経由して、昼頃サキャに到着。
サキャでは、サキャ南寺を見学。
残念ながら、サキャ北寺は文化大革命で破壊されており、廃墟になってしまっていた。
サキャ南寺では、ちょうど問答修行を行っており、見学することができた。
サキャ南寺は、他のチベット寺院と異なる外観をしており、楽しむことができた。

200702943.jpg 200702940.jpg

200702952.jpg 200702960.jpg


 サキャ南寺を出た後は、シェーカルへ向かう。
途中、5220mの峠ラクパ・ラを通過した際、ランクルを降り、しばし休憩。
5220mということで、かなり寒く、また空気が薄く息苦しいかと思いきや、それほどでもない。
チベタンが集まってきて、金をくれと迫ってくるが、気分が良いため一緒に写真を撮ったりしてしまった。
ここからはヒマラヤの雄大な景色が見渡せ、最高の気分である。
ここからはエベレストは見ることができないのだが、タルチョがはためいており、チベット、さらにはヒマラヤに来たと実感することができた。
今まで生きてきた中で、自然や遺跡を見たなかでは、ここが一番素晴らしかったと思う。
鳥肌が立つような風景だった。
とにかく素晴らしかった。

200703012.jpg 200703015.jpg


 シェーカルへ到着すると、宿の前でヒッチハイクをしている人たちがいる。
日本人も含め、6人くらいいただろうか。
なかなかうまくつかまらないらしい。
その中に、2人のロシア人の女性がいたのだが、
「私たちはロシア人で寒さに慣れてるから、今日は野宿をする」
とのこと。
標高5000m越えで野宿。
さすが、ロシア人…。
シェーカルまで来ると、食堂はないことはないのだが、値段が異常に高い。
ラサの5倍以上は軽くする。
ラサで買い込んできたカップラーメンで夕飯を済ませることにする。
が、それでは物足りず、ビールだけは調達。
標高が高いこともあり、酔いが廻るのが早い。
電気もなく、日の入りと共に眠る生活だが、この大自然の中では、それもまた心地よく感じる。

200702992.jpg 200702997.jpg

200702996.jpg 200702990.jpg

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/15(土) 15:09:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネパールへの道~ギャンツェ~シガツェ

 朝起きてから、ギャンツェへ向かう。
本来ならば、今日のうちにサキャまで移動してしまいたかったのだが、昨日から日程が押しているため断念。
ギャンツェ見学をしてから、シガツェへ戻ることにする。

 朝8時頃宿を出てギャンツェへ向かおうとするも、他の車が邪魔で車が出せないと、ドライバーが不思議なことを言い出し、出発が30分ほど遅れる。

 ギャンツェへは1時間半ほどで到着。
現在、町中が大改修中らしく、道の舗装がはがされており、どこも泥々である。
ギャンツェでは、パンコル・チョエデを見学する。
パンコル・チョエデは、他のチベット寺院とは見た目も異なり、かなり美しく楽しめた。
ネパールに向かう中では、この寺院が一番印象深い。
続いて、ギャンツェ・ゾンを見学。
この町は、チベット第三の町らしいのだが、まだ田舎の雰囲気が充分に残されていた。

200702929.jpg 200702931.jpg

200702925.jpg 200702934.jpg


 シガツェへ戻ることとする。
シガツェでは、まずは、タシルンポ寺に向かう。
ここは、チベットの象徴ダライ・ラマの次に権力をもつパンチェン・ラマの寺院である。
しかし、現在この寺院にいるパンチェン・ラマはチベット人が認めた人ではなく、中国侵略時に中国人が任命した人であるらしい。
また、チベット人が認めているパンチェン・ラマは幼くして、中国政府に捕らえられ、行方がわからなくなっているらしい。
このチベット人側のパンチェン・ラマはそのようなこともあってか「史上最年少の政治囚」と言われることもあるようだ。
タシルンポ寺に入って見学してみると、確かに規模はそれなりに大きいが、既にセラ寺、デプン寺と似たような形式の寺院を見てしまっていることもあってかあまり感動できるものはなかった。
ただ、途中で運のいいことがあった。
ちょうど見学中に、パンチェン・ラマ(中国側)がチベット僧達になにか話をしている場面に遭遇できたのである。
通常、外国人は中をのぞくことすらできないように規制されているのだが、近くを通りかかったチベタンのおばちゃんが警備に頼んでくれ、見学することができた。
見学を終えた後、その場を離れてもそのチベタンのおばちゃんはなぜかずっと着いてくる。
ランクル仲間と見学していたのだが、
「ガイド料を請求されるんじゃないか?」
「やっぱり何か下心があるんだよな。なんだろう?」
など、話をしながら、最後には
「どうもありがとう」
ということで、もうついてこなくて大丈夫だよみたいなジェスチャーで別れたのだが、お金などの要求はしてこず、親切心でついてきてくれていただけのようだった。
とても申し訳なく感じたが、いろいろな土地を旅行している中でどうしても信用できない人も多く見てきているのでそのような態度をとってしまうのは仕方ないのかもと感じた。
ともかく、そのおばちゃんどうもありがとう。
タシルンポ寺を見学した後、シガツェ・ゾン跡に行ってみることにする。
ここはポタラ宮のモデルになったと言われるほど巨大な城砦だったらしいが、中国侵略時に破壊され、今は廃墟ともいえないくらいボロボロな瓦礫の山である。
ただ、ここからのシガツェの見晴らしはとても良かった。
近代的な建物、昔からの建物がきれいに二分化されて並んでいたのが印象的だった。

200702968.jpg 200702963.jpg

200702970.jpg 200702971.jpg


 そろそろ日も沈みかけてきたので、夕飯を食べつつ、宿に戻る。
シガツェの宿では、ドミトリーを借り切っているのだが、お湯シャワーも使え、テレビまである。
ちょうどアテネオリンピックの放送をしており、楽しむことができた。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/14(金) 23:16:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネパールへの道~シガツェ

 ショトン祭も終わりネパールへと向かうことにする。

 ラサに来てからすぐにネパールへのランクルチャーターの情報収集をし、既にランクルは手配済みである。
ツアーメイトであるが、スノーランド、ヤク、バナクショーなど有名どころのホテルの掲示板にチャーター仲間募集の案内を出した結果、うまく集まってくれた。
ランクル1台で、ドライバー+日本人5人の計6人乗る予定である。
ちょっと多い気もするが、一人は荷台に乗れば良いし問題ない。
ランクル仲間は、英語ペラペラ+書道師範+手話もできるというすごい特殊能力をたくさん持っている一方計算もできないし一般常識からかけ離れているコメントを連発する座敷わらしのような女子学生や、好青年そうな男子学生、それに休暇を取って旅に出ている風俗大好きなおもしろい人などかなり濃いメンバーだった。
チベットでは、トヨタ・ランドクルーザーと言いつつ、エンジンは北京ジープだったりするらしく、気をつけたほうがいいとのアドバイスをもらったが、いかんせんエンジンなんて見ても差がわからない。
その点は運に任せよう。

 ネパールへと抜ける道には様々な観光名所があり、寄り道に期待ができる。

 まず、初日はギャンツェまで向かうことにした。
ギャンツェまでは、本来ならばヤムドク湖経由で行くのが一般的らしいのだが、今年は異常気象で洪水が起こり、道がなくなってしまっているらしく、そのルートは不可能とのことだった。
仕方なく、シガツェ経由でギャンツェまで初日のうちに行ってしまおうと考えたのだ。
ガイドブックなどを見る限り、シガツェまでは、わずか6時間ほどで行くことができ、道路も舗装されているとのことだ。
朝6時頃出発し、昼頃シガツェに到着。
そこから2時間もあればギャンツェに着く。
余裕を見ても、15時頃には着くのではないかと考えていた。

 出発してしばらくは景色を楽しみながら進んでいった。
ただ、シガツェに向かう途中の道は、すべて舗装されているとガイドブックに書かれているにも関わらず、全く舗装されていない。
それどころかかなり急な崖の横を通り抜け続けており、真下には落ちたランクルが転がっている様子も見ることができる。
そのためか、ランクルドライバーの運転も驚くほど遅く、こんなペースで本当に昼にシガツェに辿り着くのかと不安になる。
その予想は的中し、昼にはシガツェに到着せず。
どうやら、シガツェへ向かう正規ルートも大雨により道が壊れてしまい、裏道しか残っていないらしい。
結局、シガツェに17時頃到着し、今日はギャンツェに行くのは諦めることにする。

 時間がかかりすぎ、今日寄るはずだった寺院もキャンセル。
チベットでのランクルチャーターはトラブルが多発するとのことであったが、まさにその通りで、契約書があっても英語が読めないの一点張りである。
シガツェでの宿も、情報ノートで評判が良かった安い宿に向かおうとするも、
「今は営業してない」
の一点張りである。
さらに、夜、ドライバーが宿の従業員からマージンをもらっている場面を目撃。
まあ、チベットはこういうものなのだろう。
これも文化だということで、いちいち怒っていてもつまらないので納得することにする。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/14(金) 21:48:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよショトン祭の開催

 本日はショトン祭(ヨーグルト祭)の開催日である。
祭り自体は1週間ほど続くようだが今日はデプン寺とセラ寺での大タンカ開帳と一番の見所がある日である。

 祭りはまずデプン寺の大タンカ開帳からはじまる。
タンカの開帳は朝早いため、またものすごく混むということで、夜明け前からデプン寺に向かうこととなる。
デプン寺へのアクセスはバスでできる。
朝の5時前から有名ゲストハウスの前には何台かのバスが待っており、普段より割り増しではあるが乗せてもらうことができる。
デプン寺に着いても寺の中に向かうわけではなく、デプンの側面に沿った岩山から見ることとなる。
ただ寺もしっかりしていて、大きい祭りでもまた朝5時くらいでもしっかりと拝観料を請求してくる。
しかし、つい先日払ったのに、またも高額な拝観料を払いたくなかったのでどさくさにまぎれて前日のチケットを見せたところ、夜で確認が難しかったためかうまく紛れ込むことができた。
どこからが一番のタンカのビューポイントなのかはわからないので、とりあえず周りの人について歩くことにする。
が、真っ暗であり、岩もかなり激しい地形のためけっこう危険である。
懐中電灯の明かりを頼りにしながら多くの人が集まっている場所にやっとのこと辿り着く。
ここでタンカ開帳まで待つこととする。
夏とはいえ、ここはチベット。
かなり寒く、結構地獄である。
だんだん辺りがぼんやりと明るくなってきた。
ここがチベットか?と疑問に思えるほどの人が集まっている。
そしてここはやはり中国なんだなと思い出させられるほどの中国人。
中国人にとってもはやチベットは大観光地なのだ。
かなり待ち、結局8時ぐらいであっただろうか、ようやく祭りの開始である。
祭りではあらかじめ用意してあったタンカ台にタンカを引き上げることからはじまった。
さらに、タンカを引き上げながら上から、お経と思われる文字が書かれた白い布を次々と落としていく。
タンカを完全に開帳し終わった後、チベット仏教の位の高い人のところへチベット人が次々とやっていき、お祈りをしてもらう。
このような流れであった。
タンカを開いているところに興味がなければ、昼頃に行っても問題なく見ることができたらしく、さらに寒くもなくて快適だったとのこと。

200703065.jpg 200703066.jpg
200703079.jpg 200703075.jpg


 しばらく見学した後に、セラ寺のタンカを見に行くことにする。
バスでセラまでダイレクトに行くことができた。
前回成功したので、裏口から紛れ込もうとするも今回はここも入り口として使われており、巡礼者以外は入れないとのこと。
仕方なくチケットを購入することにする。
ここで、日本人に会う。
どうやら裏口から紛れ込もうとして見つかって、「チケットを買え」と言われたのに対し文句を言っているようだ。
なぜか怒鳴り散らしている。
ちょっと、同じ日本人として恥ずかしかった。
まあ、自分もごまかして入ろうとしたわけなんだけど…。
セラ寺のタンカはデプン寺のものより小さかったが、それなりにきれいであった。
ただ、混んでいるし、長い間見ていても仕方がないので戻ることにする。

200703060.jpg 200703083.jpg


 ノルブリンカでも踊りが行われるということで行ってみる。
チケットは昨日使ったのがあったのでそれで見れないか駄目元で聞いてみるが、また新しいのを購入しなければならないとのこと。
チベットにいながらにして、一つ見学する毎に900円くらいずつかかるのは痛いので断念することにする。

 これでわざわざ滞在予定を延長してまで見ることにしたショトン祭も満喫することができた。
ネパールに向けて出発である。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/13(木) 23:43:39|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デプン寺へ

 ラサ近郊での最後の観光名所デプン寺へ向かう。
デプン寺へは、ラサからバスがあるとのことであり、バスで向かおうと思ったのだが、どのバスに乗ればいいかわからず、適当に歩いていると郊外の田舎の風景などが意外に面白く2時間ほどかかったものの全行程歩いてしまった。
ここは、セラ寺、ガンデン寺と並ぶゲルク派三大寺院の一つらしく、かなりの規模を誇っている。
なんと1959年の中国によるチベット侵攻以前には15000人もの修行僧があったとのこと。
ただ、今は中国の弾圧の結果200人程度しかいない。
寺院の規模の割には、僧の数は少なくやや閑散としているイメージもあるが、ものすごくおすすめの寺院。
他に特にやることもなかったので、ゆっくり観光。
ちょうど間近にせまったショトン祭の準備もしており、普段と違った光景も目にすることができた。

200703140.jpg 200703132.jpg

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/12(水) 20:36:23|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノルブリンカとネパールビザ、そして鍵の紛失・・・

 ラサでの観光名所のひとつで世界遺産にも指定されているノルブリンカに行くことにする。
ここは、ダライ・ラマの夏の離宮だった場所らしくかなり人気の名所らしい。
ここは、他の見所に比べ少し町の離れにあるものの、狭いラサでは充分歩いていける距離にある。
期待して、高い入場料を払い入ってみるも、歩いていても寂れた公園にしか思えない。
倒れた木などばかりで情緒のかけらもない。
いくつかの離宮を見て周ったが、ポタラ宮を見た後で感動するほどのものは何もなかった。
ノルブリンカ内になぜか動物園があったが、別料金であり、どれほど儲け主義なのか・・・。
かなり期待していただけにがっかり。
もし、時間がなくてラサ観光のどこかを省かなければならないのなら、間違いなくここをおすすめする。

200703149.jpg 200703144.jpg


 ノルブリンカ見学の後、ネパールビザの取得に行く。
国境で取れるとのことだが、ガイドブックを見ると国境ではトラブルが起こることもあるとのこと。
特に、忙しくもなかったし、ノルブリンカからすぐの場所だったので見学ついでに寄ってみたのだ。。
ビザ自体は、さほど時間もかからず、手続きも簡単ですぐに発行。

 街をぶらついた後に宿に戻る。
が、鍵が見つからない。
どうやら落としてしまったらしい。
もしかしたらネパール大使館かもと思い、慌てて向かってみるも当然あるわけもない。
いくら罰金がとられるのかと、ヒヤヒヤしながらフロントに謝りに行く。
すると、よくあることらしく、何の文句も言われず、一緒に鍵を作りに行くことに。
マスターキーを持って、路上の鍵屋へ。
なんと1元(=15円)で作れてしまった。
慌ててタクシーを使ってネパール大使館まで行ったのに・・・。
罰金取られなくてよかったけど、考えようによっては15円で合鍵作れちゃうんだなとも感じた。
盗難には注意しなければ。
すっごく焦ったけど、良い思い出になったと良い方に考えよう。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/12(水) 00:16:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天空の湖ナムツォへ

 ナムツォへ行く日になった。
朝早くに出発し、昼頃到着。
見学し、夕方戻ってくるという予定だ。

 ランクルに乗って出発。
途中までシガツェ方面へ向かう。
しばらく走っていると、高速道路のようなものが現れる。
どうやら、工事中の西蔵鉄道らしい。
2008年の北京オリンピック前の開通を目指しているとのこと。
これができてしまうとチベットが大きく中国化してしまうと予想されており、今回チベットに来ることにしたのだが、こんな辺境の地に鉄道建設をできる中国の勢いのすごさも感じることができた。

 ナムツォに行く途中、検問が一度あった。
パーミットも取得しておらず、トラブルになるかもと心配したが、チケットを買わされただけで問題なく通過。
検問を過ぎた後、雨季の影響あってか凄まじい悪路になる。
ランクルでもスムーズに進めないほどである。
乗っていても、跳ねて跳ねての連続で辛い。
途中5000メートルの峠を越えたのだが、悪路と高山病で吉岡さんは早くもダウン気味である。
峠からはナムツォを眺めることができ、多くのタルチョも見ることができあらためてこの地域の素晴らしさを実感できた。
さらに、悪路を進むこと1時間、目的地に近づくにつれて、ヤクの大群などが現れ始めた。
未だに悪路であるが、風景が素晴らしいため、楽しむことができた。

200703047.jpg 200703048.jpg


 昼前にナムツォに到着する。
ただ、吉岡さんは残念ながら高山病でダウン。
車の中で休んでいることに。
湖は透明度が高いわけではないけれど、遠くから見るとエメラルドグリーンの濁ったような色でちょっと神秘的。
しかし、決してきれいで感動するというほどでもない。
ここは今まで見てきたチベットの観光地に比べるといまいちなように感じた。

200703040.jpg 200703030.jpg

200703027.jpg


 トゥクパを食べてラサに戻ることに。
行きはテンションが上がっていたので問題なかったけれど、帰りの悪路は厳しかった。
結局この悪路が、ネパールまで抜ける中においても一番ひどかった気がする。
途中突然天気が悪くなってくると同時に、大量の雹が降ってきた。

 ラサに戻り、チベットのビール・ラサビールを飲んで今日は解散。
これで吉岡さんは日本へ帰ることになる。
残念だったのは、山下さん・吉岡さんともに一緒に写真を撮るのを忘れてしまったこと。
すごく心残り。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/11(火) 00:28:45|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

問答修行で有名なセラ寺へ

 セラ寺は「問答修行」で有名な寺院であり、ラサから少し離れた場所にある。
問答修行とは、質問を出し合い答え合うという修行らしい。
チベットでは他の寺院でも行っているようだが、セラのものが大規模らしい。
セラへはバスで1本で行ける。
多少遠いが歩けない距離でもない。

 セラ寺に行く前に情報ノートを読んだところ、裏口から無料では入れるとの情報が記載されていた。
チベットではすべての観光名所の入場料が高く、できれば節約したかったためトライしてみることに。
通常の入場口には入らず左側に向かう。
壁に沿って歩き続けるとやがて裏山のほうに出ることができるので、少し足場は悪いがそこを通り抜ければ裏口へと行くことができる。
裏口は、僧が生活する際にちょっとした出口として使っているようで紛れ込むしかない。
まるで、道に迷ったかのような振りをして入っていったところ、近くにいた僧に不思議な顔をされたものの何とか無事通過。
これだけで約900円浮くのだからトライする価値はあるのかもと感じた。

 セラ寺は規模がとても大きく、似たような建物が並んでいるので迷ってしまう。
ここには問答修行を見にきたのでどこでやるか探してみるもののわからない。
16時頃からやるのではないかと勝手に予想し待ってみるとドンピシャであった。
16時少し前にドラムで合図があり、それに伴って多くの僧達があちこちから集まってきて修行を始める。
問答はセラの奥にある庭園のような場所で行われるのだが、そこに観光客が群がっている。
それにしても、中国人のマナーはひどい。
修行中でも何でも「写真を撮りたいから止まってくれ」とか話しかける。
どういう考えをしているのだろうか・・・。
九寨溝にからずっと中国人には驚かされることばかりだ。
この人たちが本格的に世界進出してきたら大変なことになりそうだなと感じた。

200703124.jpg 200703117.jpg


 問答法も見ることができ、満足して宿に戻る。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/10(月) 18:37:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポタラ宮の見学、入場料の高さとインチキ僧の衝撃

 朝、日が昇る前から外は騒がしく眼が覚めてしまう。
やることもないのでなんとなくポタラ宮を見に行くことに。
チベットでは今の時期は朝のうちは雲が多く、日が昇るにつれて雲が少なくなるようだ。

 グタグタしているうちに約束の11時になりポタラ宮を見学しにいく。
ここは観光客に対する入場料が100元と破格に高い。
チベット仏教徒は無料では入れるので、バックパッカーによっては必死に真似をして紛れ込もうとするようだ。
紛れ込むというのも面白そうだなと思ったが、服など用意するのが難しいので断念。
100元を払って入場する。
ポタラはすべての場所が観光客に開放されているわけではないようだが、中も素晴らしく興味深く見学することができた。
特に、ポタラから見下ろすラサの町並みは壮観だった。
ポタラには多くの僧がおり、至るところでお祈りをしている。
やはりチベットで一番重要な建物だし、ここにいる僧はかなり位が高いのかな想像できるのだが、位が高くてもチベット人は所詮チベット人らしくすごいインチキっぽくおもしろかった。
ポタラの中で金の板のようなもの(お守りらしい)を売っており、購入した。
吉岡さんのガイドが、「せっかくだからお祈りをしてもらいましょう」ということで近くにいた僧に頼んでくれたのだが、全然祈りをはじめようとせずガイド(女の人)の手を握り続けている。
ただのスケベじじいである。
さんざん手を握ったりしておいて、お祈りは3秒くらいで終わってしまった。
チベット人はおもしろい。
ポタラの観光を終える。
ポタラは出口付近から見上げるとまた素晴らしいので機会があれば試して欲しい。

200703170.jpg   200703167.jpg


 吉岡さんは滞在日数が短く観光に追われているのでここで別れ、山下さんと昼飯を食べに行く。
中華風の店でチャーハンを頼む。
チャーハンだけで10種類以上あり何度も来ても良いくらい満足。
スーパーに行っていろいろ買ってみる。
カップラーメンを試してみようかなと思い、いくつか買い込んでみる。
結果は、食べれないこともないけど、日本みたいにはおいしくないといった感じ。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/09(日) 23:39:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Blogの足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。